たくさんの人に動画を見てもらいたい!

自分の動画をYouTubeに公開(アップロード)してみましょう。

より多くの人に見てもらうため、

動画の内容に合わせたタイトルや説明文、タグも入力します。

ここでは動画をアップロードして公開するまでの手順を解説します。

 

解説動画

タイトル、説明、タグを入力して公開

自分で撮影した動画をYouTubeで公開するには、

ログインした状態で動画をアップロードします。

 

対応している動画の形式は以下のとおりです。

・MOV

・MPEG4

・AVI

・WMV

・MPEGPS

・FLV

・3GPP

・WebM

iPhoneで撮影した動画はMOV形式となるためファイル形式を変換する必要なく、そのままYouTubeにアップロードできます。

 

動画編集ソフトなどで動画を編集してから公開したい場合は、

上記の形式で書き出すようにしましょう。

 

YouTubeに動画を投稿する方法

では早速YouTueに動画を投稿してみましょう。

私の場合はスライドなどを作成し、iMovieなどで編集、その後パソコンからYouTubeにアップロードしています。

YouTubeにログインしてページ右上の「アップロード」をクリックします。

 

「アップロードするファイルを選択」をクリックします。

 

アップロードする動画を選択すると、アップロードが始まります。

ついでにサムネールも設定しておきましょう。

 

右下のカスタムサムネイルから、事前に作成しておいたサムネイルを選択します。

 

全てのアップロードが完了すると、『処理が完了しました』となり公開することができます。

 

動画のタイトル・説明分などを入力し、プレビュー画面で確認して間違いが無ければ公開ボタンをクリックします。

 

以上になります。簡単ですよね!?

 

どんどん動画を作ってアップロードしよう!

今回、ご紹介した動画の編集方法は基礎中の基礎ですが

とりあえずこれくらい知っておきましょう。

 

YouTubeにアップロードするのも超簡単なので、

ぜひぜひやってみてください。

 

あとはどんどんコンテンツを作って

アップロードしていけばOK!!

 

Shiomi(しおみん)