WordPressに動画を貼り付けよう!

WordPressで動画を挿入する方法はとてもカンタンです。

 

コンテンツに動画を入れる方法は数種類あるのですが、

中でも分かりやすく一番簡単な方法はyoutubeの動画を使う方法です。

 

記事の中に動画のコンテンツを入れるだけで

ブログに訪れる読者さんの滞在率が伸びる傾向があります。

この滞在率が延びれば延びるほどコンテンツの信頼度は上がってくるので、

GoogleのSEO対策にもなるんですね!

 

解説動画

Youtubeの動画を埋め込む2つの方法

どちらもWordPressならではの機能で、

動画を簡単に埋め込みすることができます。

 

コピペで埋め込めるカンタンな方法

WordPressはもともと、URLをコピペするだけで

動画を埋め込めるという機能が備わっています。

 

やり方はとても簡単で、記事投稿で

Youtube動画のURLをコピーして貼り付けるだけです。

(この場合はビジュアルモードでOK!)

 

すると、一瞬でビデオが埋め込まれます。

ただこの方法では

動画のサイズなどの調整が難しいという

デメリットもあります。

 

ただ動画をあげるだけであればいいのですが、

レイアウトなどの崩れが心配である方は次の方法をオススメします。

 

埋め込みコードを利用する方法

記事に埋め込む動画のサイズなど、

細かい部分を変更したい場合には、

YouTubeの埋め込みコードを使用します。

 

記事に埋め込みたい動画をYouTubeで開き、

共有ボタンをクリックして「埋め込みコード」という

タブをクリックします。

 

「もっと見る」をクリックしてオプションを開きます。

 

ここから動画のサイズを選択することもでき、

また『カスタム』を選択すると

任意のサイズの動画の埋め込みコードを

作成することもできます。

 

細かい部分を変更したらあとは埋め込みコードをコピーして、

WordPressの記事投稿から『テキストモード』で

動画を埋め込みたい箇所に貼り付けるだけです。


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが学んだことををコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



僕がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今の資産を築いていったのかは

このレポートで知ることができます。



→ Route 335 を読んでみる。


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)