WordPressを使うメリットとは?

オリジナルブログ構築 オリジナルブログ:ラクサバ編

WordPressとは簡単に言うと

『ブログやサイトを作成する為のソフト』だと覚えてください。

 

ただ、WordPressはサーバーの契約も必要ですし、

少なからずランニングコストもかかります。

 

だったら無料のブログを使った方がいいでしょ?と考える人も多いです。

確かにランニングコストだけで考えたら無料ブログには勝てません。

 

しかし、お金がかかっても私はWordPressの利用をオススメしています。

その理由は以下で解説しています。

 

解説動画

 

WordPressの5つのメリットは?

WordPressを利用するメリットは以下の5つです。

・消されるリスクがなく規約に縛られる事もない

・SEO(検索エンジン最適化)に有利

・テーマテンプレートと豊富なプラグイン

・カスタマイズが簡単

・ブランディング効果が高い

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

消されるリスクがなく規約に縛られる事もない

アメブロやSeesaaブログと違って自分のサーバー上で管理出来るので

規約もなくいきなり消されるというリスクが無くなります。

これにより、あなたの記事自体がコンテンツになり資産になります。

 

アメブロなどの無料ブログなんかは

規約の変更によって勝手に消されたりしますし

いきなりサービスが停止するなんて事もある訳です。

 

無料というのは、資産にならないので

長期的にビジネスをやっていくなら

絶対にWordPressを使うべきです。

 

ちなみに、WordPress自体はサーバーをレンタルし

ドメイン取得していれば無料で使う事が出来ます。

 

エックスサーバーなら簡単にWordPressを使えますよ。

 

SEO(検索エンジン最適化)に有利

SEOとは検索エンジン最適化の事で

GoogleやYahoo!などの検索で上位に表示する為の技術の事です。

 

私たちはインターネットを活用して仕事をしている以上、

そのトップであるGoogleに嫌われては元も子もありません。

(つまりインターネット上に表示されなくなる!!!)

 

そのGoogleが正式に「WordPressはいいよ!』と公認していて、

Yahoo!はGoogleのアルゴリズムの上で成り立っているので、

WordPressを使ってSEOを制す事は、

検索エンジンを制す事にも繋がるのです。

 

ですので、長期的にしっかりとビジネスを展開していくなら

迷わずWordPressを使う事をオススメします。

 

事実、ほとんどの企業がWordPressで

ホームページを作成しています!

 

テーマテンプレートと豊富なプラグイン

テーマテンプレートとは、WordPressで利用出来る

ブログやサイトデザインの型(テンプレート)の事です。

 

もともとWordPressインストール時に用意されていますので

それを使ってもいいですし、先ほどもお話ししたように

SEOに強くカスタマイズが豊富なテンプレートも

有料で販売されていますのでそれを使ってもいいですね。

 

そしてWordPressの機能にプラグインというものがあり、

簡単に言うとブログを書いたりする上で、

痒い所に手が届く、後付けのツールのようなものです。

これに関してはまた別記事で解説していますので、

そちらをご覧ください。

 

カスタマイズが簡単

WordPressのカスタマイズは本当に簡単です。

 

私もテンプレート導入から使いこなすまで

2日間位である程度マスターしちゃいました。

 

HTMLやCSS、PHPの知識はなくても

日本語の文字を打ち込むだけで記事を書いたりする事が出来ます。

 

ブランディング効果が高い

ホームページは、言わばウェブ上のあなたの名刺の様なものです。

この名刺がアメブロとかであればその企業のイメージであり、

かなり微妙な訳です。

 

やはり、独自のサイトを作るべきですし

ブランディングにも繋がる訳です。

 

信頼感を高めるのであれば

間違いなくWordPressを使うべきなのです。

 

ということで、WordPressを使わないメリットはないので、

さくっとWordPressのインストールして、ガンガン稼いでいきましょう!

難しいと感じるのは初めだけですぐ慣れますし、

私のブログに構築の方法は細かく載せてあるので、

そちらもご覧ください。

 

Shiomi(しおみん)

         

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ