どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

今回はいよいよワードプレスを独自サーバーにインストールします。

 

普通はサーバー会社の設定にある自動インストールを使えば、「アッ!」と言う間に終わってしまうのですが、今回はあえて手動のインストールにチャレンジしましょう。

 

というのも、ワードプレスを使っていて何が不備があった時、自分で再構築する事ができるようになりますし、この手順を覚えておけば、自動インストールが備わっていないサーバー(今時ないかも)でも手動でインストールする事ができます。

 

では一つ一つやっていきますね。

 

ワードプレスをダウンロードする。

WordPressの公式サイトからインストールファイルをダウンロードします。

⇨  WordPress.org

 

ラクサバのサーバーにアップロード。

サーバーの管理画面の左にあるファイルマネージャーをクリック。

 

出てきたパスワードをコピーし、次のページで入力。続行をクリックします。

 

Cpanelが起動するので、サイドメニューのpublic_htmlをクリック。

一覧に前回までで設定した独自ドメインがあると思います。ここに、先ほどダウンロードしたワードプレスをアップロードします。

 

サーバーにアップロード

cPanelの上のメニューからアップロードを選択すると、

 

この画面になり、ファイルを選択からアップロードするファイルを選ぶ事ができます。

 

ダウンロードしたワードプレスのzipファイルを選択し、アップロードすると、このように

アップロードされます。

 

 

ワードプレスのzipファイルを展開する。

 

次に、アップロードしたzipファイルを展開します。

上にある『Extract』を選択。

 

 

『Extract File(s)』をクリックします。

 

うまく展開されると、このようにファイルができています。

 

 

ワードプレスインストール

ではいよいよワードプレスの導入です。

 

ウェブブラウザでhttp://abcde.com/wordpressにアクセスします。

 

abcde.comはあなたの独自ドメイン。wordpressは先ほど展開したワードプレスファイルです。

もしファイル名を変更していた場合は変更したhttp://独自ドメイン/ファイル名にアクセスします。

 

この画面が表示されればあとは簡単です。

 

『さあ始めましょう』をクリックし、

データベースの内容を入力します。

 

データベースのホスト名」は「localhost」のまま、「テーブル接頭辞」は初期設定のwp_のままで大丈夫です。

 

ようこそ画面で、必要事項を記入します。

 

そして、

 

 

このログイン画面からログインして、

この画面が表示されたらワードプレスのインストールは完了です。

 

 

まとめ

ここまでお疲れ様でした。

 

独自ドメインの設定からデータベース作成、ワードプレスのインストールと長かったですが、無事できましたでしょうか?

 

初めはみんなわからないことだらけです。

 

私も同じです。

 

いろいろ調べてここまできています。

 

あとはワードプレスをあなたのオリジナルのものにするカスタマイズをしていってください。

 

Shiomi(しおみん)