サラリーマンは時間がないのか?忙しいサラリーマンが行うべきこととは?

 

どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

 

今回は、「副業を始めたいけど、時間がないです」という人に向けて、記事を書いてみようと思います。

 

 

よくある質問に、

「副業を始めたいけど、時間がない」

「会社が嫌だから早く辞めたいです」

「休日は家族サービスだから、平日に少しでも時間が取りたい」

 

 

どうしたらいいですか?????

 

っていうのがあるんですね。

 

 

 

まず、大前提をば。

ネットビジネスで成功されているほとんどの方が口を揃えて言うことがあります。

 

 

それは、『時間こそが人生にとって最も貴重な資源である』ということです。

 

 

ポイントとしては、その時間をいかにして作るのかが大事なんですが、そもそも論として、副業を始めたいと思っている会社人が勘違いしていることをまずお話ししておきます。

 

 

そもそも論をいいます。

そもそも時間がある会社員なんていない

すみません。これが事実です。

 

・あなたの周りを見渡して見て、朝9時に出勤、昼12時に退社。

 

・1週間程度休みを取って海外旅行に毎月行く。

 

・コーヒー片手に優雅に出社。

 

このような会社員っていますか?

 

 

社長さんとか、ある程度の重役に就いているならまだしも、ほぼ大半を占める凡人会社員の中で、時間がある人自体少ないのが事実なんですよね。

 

 

・大半は、朝早く起きて、満員電車でぎゅうぎゅうに押しつぶされながら、小一時間ほどかかる通勤。

 

・平日は仕事、休日も家族サービスで自分の時間なんてない。

 

・コーヒーどころか、マイボトルにお茶。

 

 

これが事実なんです。

 

 

これを根本から変えようと思ったら、方法論は一つ。

 

会社員やめることだけなんですよね〜。

 

 

現実的に考えて、いきなり会社員やめるっていうことは難しいですよね。当たり前ですが。

 

だったら、1日の中でどのように時間を作って行くべきかということを考えた方が、結果的に早いんですよね。

 

 

片手間で稼げる訳がない。

もうひとつのそもそも論として、副業を始めようとしている方の多くが、片手間でサクッと稼いでしまおうって思っていることがあります。

 

何度もいいますが、すみません。

片手間で稼げるほど、ネットビジネスは簡単でもないし、楽でもないです。

 

 

もしそんなビジネスがあれば、僕がこっそりやってますから・・・。

 

そうでないから、みんな苦労しているんですよね?

 

 

今すぐ楽して稼ごうなんて思うこと自体、金輪際やめた方がいいです。

 

 

やらないことを探してみる

ほとんどの人が時間がないのは言わずもがな、なんですが、結局どうすればいいのかという解決策を提示してみようと思います。

 

 

まず初めの段階として、『やらないことリストを作ろう』ってことです。

 

 

あなたの1日を一度紙に書いてみてください。

 

1日:24時間の中には、4種類の時間があります。

 

・最低限やらないといけないことをする時間

睡眠、食事、入浴、家事育児など。会社員の方は勤務時間など。

 

・目標達成のための時間

勉強する時間や、副業に費やす時間。今の自分を変えるためにやるべきことをやる時間。

 

・楽しむ時間

恋人とのデート、家族旅行、趣味に没頭する時間。

 

・やらなくてもいいことをする時間

スマホやテレビを見たり、ゲームをやったりする時間。

 

 

この中で、やらないでいいことはないか?を探してみましょう。

 

 

まずは根本的にやらなくていいことはしない。

 

 

これが時間を作る一番の近道なんですが、これが意外とみなさん出来ていない。

 

 

やらなくていいなって思うことは、やらなくてもいいんだから(笑)もうやめましょう!!

 

 

 

そして、やらないことリストを出した後は、次の段階として、24時間あるいろいろな時間の中で、ビジネスに当てられる時間を探してみましょう。

 

 

例えば、睡眠に10時間かけている人は、そのうちの1時間をビジネスに当ててみる。

 

または、通勤時間の1時間で何もしていなかったものを音声学習に当ててみる。

 

お風呂の時間も防水用のBluetoothスピーカーを利用して、お風呂の時間でさえも音声学習に当てるとかね。

 

 

意外と、やろうと思えばいろんなやり方で時間を作ることってできるもんなんですよね。

 

 

結局のところ、「時間がない」って言って時間を作ろうともしないから結果が出ないわけで。

 

本当に叶えたい夢があるのなら、それのために時間を作るのは当たりだと思うのは僕だけでしょうか?

 

だからこそ、『やらなければ前には進まないし、ましてや稼げるわけでもない』という事実からは目をそらしたらダメです。

 

 

1日のうちに1時間作れれば、1週間で7時間、4週間で28時間。

 

1ヶ月で1日以上の時間ができるわけです。

 

 

ブログの書き方などを覚えれば、30分でブログも書けるだろうし、Twitterに5分でつぶやくこともできる。

 

 

通勤時間の間にブログのキーワードだけを調べておいて帰ってから記事にするとか、考えるといくらでも時間を作る方法が見つかると思います。

 

 

 

まとめ

時間がない現代の会社員にとって、時間がないのは当たり前のことで、だからどうしようっていうところにまで目を向けないと現状を変えることはできません。

 

 

そして、その多くの方が時間がないことを理由にし、目をそらしてしまっているから結果が出ないわけで、逆にきちんと時間に向き合って工夫している人は少なからず生活の質を変えることができています。

 

 

もちろん人間なので、モチベーションが上がったり下がったりするので、思うように作業が進まないこともあります。

 

 

要はメリハリをつけてやるっていうこと。

 

 

 

ずっとダラダラしたままで、片手間でビジネスやろうなんて、これは論外。

 

 

後で楽するために、今はじっと作業をこなしていく。

 

こういった時間の積み重ねが将来的に大きな成果を生んでくれます。

 

 

初めは少ない金額でもいいと思います。

 

 

ネットビジネスでは月収1万円とか、5万円とかってかなり小さな金額のような錯覚がありますが、実際の生活で考えると、月5万円稼げたら年間で60万円も稼げることになります。

 

 

ネットビジネスで稼いだ金額をそのままローンに回せば、新車だって買えます。

 

 

自動で入ってくる1万円とか5万円はとても大きいものです。

 

 

だからこそ、その仕組みを作るための、毎日の1時間2時間を、1日の流れを見直して時間を作ってみましょう。

 

 


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが好きなことをコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



このContents Creation Lab.のメール講座では

あなたの『好き』を『仕事』にする方法を

ステップバイステップで学ぶことができます。


メールアドレスを入力すれば、無料ですぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)