今日はビジネスとは何か?という事について書いてみたいと思います。

 

ビジネスとは価値提供であり、困っている事を解決する手段である

どのビジネスにおいてもその本質は同じで、『価値を提供すること』です。

 

よくビジネスビジネスって言って、お金儲けがビジネスと思っている方がいますが、それ間違いです。

 

 

ビジネスとは、『困っている人がいてそれを解決させる手段である事』を覚えておく必要があります。

 

例えば、水が飲みたい人に水を与えること。

 

髪を切って欲しい人の髪を切ってあげること。

 

お年寄りの腰痛や肩こりを治療してあげること。

 

などなど、困っている人に対してそれを助ける手段を提供できた場合、そこに価値が生まれビジネスが成り立つのです。

 

もちろん、大前提として価値観は人それぞれ違うという事は頭に入れておかなくてはなりません。

 

 

牛タンが死ぬほど好きで、日本中の美味しい牛タンを食べ歩いている人にとっては100g 1万円の牛タンでもお金を出しても食べたいもの。

 

でも、食べ盛りの高校生は100g 1万円の牛タンより、吉野家の牛丼大盛りを200円で食べられる方が価値を感じるかもしれません。

 

結局、受け取る側(買う側)がどこに価値を感じるのかも大事で、与える側(売る側)がどんなにいいと思って売っていたとしても、そこに価値がないと買ってくれないし、逆に価値がないものとわかって売ってしまえばそれは詐欺になるわけです。

 

ビジネスは価値を提供して、その価値との交換にお金をもらう。

 

お金自体には価値はなく、ただのツールでしかない。

 

お金で価値を買うからお金が大事なだけ、とういうことです。

 

ありがとう探し

ここまでを読んで、ビジネスをこれから始めようとする人は「私に価値なんて提供できるの?」って思っているかもしれませんね?

 

心配ありません。

 

はじめに言ったように、悩みを解決する手段がビジネスである以上、悩みを持っている人を探せばいいのです。

 

そして確実にあなたにも『価値』を見つける方法があります。

 

それは、『ありがとう』を探す事です。

 

世の中には困っている人がたくさんいますよね。

 

その悩みは大きいものから小さいものまで。

 

 

でもその悩みの大小は、その悩みを持つ人にしかわからないのです。

 

ある人にはすごく感謝されるかもしれないし、別の人は、もしかしたら余計なお世話かもしれません。

 

だから、一番簡単な方法。

 

 

その人が「ありがとう」と言ってくれる事をビジネスとして価値提供すればいいのです。

 

だから、これからビジネスを始めるあなたがすべき事は、悩みを持っている人にそれを解決する手段として価値提供をする事を頭に入れておけばビジネスは成功します。

 

まとめ

ビジネスの本質は価値提供という事がわかってきたでしょうか?

 

何度もなんども繰り返しますが、ビジネスとは『悩みを解決する手段であり、その人にとって価値のあるものを提供する事で、お金をいただく』という事を忘れてはなりません。

 

これがビジネスの本質であり、本質をついてさえいればビジネスが失敗する事はありません。

 

今日はここまでをまずはインプットしてくださいね。

 

Shiomi(しおみん)