どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

今日は朝から娘たちを歩いて保育園に送っていき、そのあとはひととおり家事をしてからステップメールの編集、コンテンツ作り、Twitterのヘッダー作成などをシコシコ行なっておりました。

 

 

少しずつ各メディアの方向性も見えてきてやることもわかってきましたからね。

 

いろんな視点から点をたくさん作っていってそれがガッツリと仕組みとして面になる。

 

 

これって種まきと収穫に例えるとわかると思うんですけど、今すぐには結果が出ることではないんです。

 

 

しっかりとコンテンツを作る時期、そしてそれが機能して仕組みとしての働きができてくる時期と中長期的な視点を持って取り組むことが大事ですね。

 

 

で、今回の本題ですが、改めて次世代的ビジネスの行方というものを感じたままに書いてみようと思います。

 

 

次世代型ビジネスっていっても自分自身もよくわかっていないのですが、要は何が言いたいのかというと、

 

「自分自身が最先端を突っ走っていこうぜ!」

 

っていうだけでは人はついてこないよっていう話。

 

 

じゃあ、周りの人と同じ流れのままでいいのかっていうと、それはそれであまり良くない。

 

 

 

結論としては、

 

『常に半歩先を進んでいる』

 

って感覚が重要かなと思っているんです。

 

 

 

時代の流れってどうなの?

基本的に時代って流れてますよね。

 

常にトレンドも変わるし、需要も変わってくる。

 

だからこそ、時代の流れのままでビジネスやってても周りと同じなのであなた独自の価値が発生しにくいんですよね。

 

 

だからと言って、世間の需要とかトレンドより先に進みすぎても、その価値観や伝えたいことが見込み客に理解されないと、全く売れないってことにも繋がりますしね。

 

 

時代を先取るってことも大事なんですが、温度差がありすぎると、それはそれであまりよろしくないと思っています。

 

だからこその、半歩先、一歩先程度の距離感が大事なんですよね。

 

 

周りの人よりもちょっと先を歩いている感覚、この感覚を持つことがビジネスにおいてはすごく重要だと感じています。

 

 

 

当たり前が当たり前になるためには

僕が高校生の時にはまだまだポケベル(ポケットベル)っていうのが流行っていましたし、どちらかというと携帯よりもPHSの普及が多かった時代です。

(僕の地元は田舎で、当時からPHSの電波が入らなかったので持っていませんでしたが。)

 

 

それからしばらくしてようやく携帯が普及しだし、カラーになり、画面がくるくる回るようになり、そこへんから周りの子たちもPHSから携帯を持つようになりました。

 

 

インターネットなんてダイヤル回線でしたから、ピー・ガーガーガーみたいな感じでようやく繋がるみたいな、そんなやつでしたよ。

 

 

今の人たちはわからないとは思いますが・・・。

 

 

ほんと20年とかそこらでだいぶ変わりましたね。

 

ノートパソコンもスペックはショボイ上に、それでもかなり高くて、今みたいに5万円で変えるような商品なんてなかったです。

 

 

ましてやネットビジネスとか副業みたいに、自分でビジネスを立ち上げようなんてマジで少数派だったと思います。

 

 

 

それから数年たった今となっては、時代も変化して副業やサイドビジネスは一般用語としても浸透。

 

 

むしろ副業を進めているし、Twitterを見れば副業アカウントは氾濫していてどれがいいのかもわからない。

 

 

なにしろ、iPhoneとかスマートフォンといったネットワーク環境も普及して、Twitter、Facebook、LINEでコミュニケーションをとっていますからね。

 

滅多なことがない限り、普通に電話することもない気がします。

 

 

で、この時代の流れで何が起こってきたのかというと、おそらくほとんどの人が、

『周りの人がやっているからやる。もしくは周りの人が持っているから買う』

といったそんな影響が多いと思うんです。

 

つまり、いろんなインフラの普及により情報が常に飛び交うようになり、この情報のやり取りでさえもビジネスになってしまっているんですね。

 

 

人よりもトレンドに敏感な人はその情報を先取りして、敏感な人たち同士でその内容を共有し、逆に「全くそんなものに興味はないや」っていう人は、その人なりに生活してそれぞれの当たり前ができている。

 

 

どちらがいいとか悪いとかの話でもなく、これは結局、その人自身の判断次第、もっというとあなた次第ってことです。

 

 

 

自分がどうなりたいかでしかない

最終的なまとめに入りますが、結局はあなた自身がどこに向かいたいのか、どんな人生を送りたいのかで情報の受け取り方が大きく変わってきます。

 

 

周りの人が持っているから、やっているからといって、時代の流れに乗って振り回されるのか、はたまた、時代のちょっと先を進んで周りの人に何かしらの影響を与えられる側になるのか、でも言ってしまえばそれだけの違いです。

 

 

今の時代は、僕のような一般人でも何かしらの影響を与えられることができる時代です。

 

 

少なくても、何もしていない(時代の流れのままに生きている)人たちよりはビジネスとして価値を与えて収益を出すこともできているし、自分自身で未来を変えようとすることができていると思います。

 

・会社員のまま雇われで過ごす

 

・自分でお金を稼ぐことができて、自由な生活を手に入れる

 

どちらも正解でどちらも素晴らしいとは思いますが、結局はそれを選択できるかどうかは経済的な自立ができているかどうかで変わってきますからね。

 

 

で、これからのビジネスの肝になることは、各個人が自分で影響力を持ちながら、それぞれの個性を生かした共鳴できる仲間が集まるかどうかではないでしょうか?

 

 

これだけでも人生の質が変わってくると思います。

 

今の時代は好きな人と好きな仕事をできる時代です。

 

それを選択できるのもあなたの人生ですし、目指すべきところだと思っています。

 

 

と言った感じで、今後のビジネスの展開ですが、オンラインサロンといった形で、価値観の合う人とのコミュニティを作っていって、一緒にビジネスして、一緒に遊べる仲間を作っていきたいと思っています。

 

 

そのためにも、まずはこのスキル、思考を高めていくことが重要ですね。

 

 

一緒にビジネスやってみたいなぁって方はぜひメルマガに登録してみてくださいね^^

 

 


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが学んだことををコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



僕がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今の資産を築いていったのかは

このレポートで知ることができます。



→ Route 335 を読んでみる。


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)