サードプレイスとは?サードプレイスを作るっていう考え方のメリット

 

どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

最近はやたらとオンラインコミュニティに関しての情報をかき集めております。

 

 

オンラインサロンっていえば、考え方としてサードプレイスっていう言い方をしている方も多いですね。

 

 

例えば、学生時代で言えばクラスの仲間だけではなく、部活の仲間とか、塾とかの友達とか、バイト先の仲間とか、要は元々ある場所とは違うところに自分の居場所を置くことですかね。

 

 

 

学生時代と社会人になってのコミュニティの違いって?

僕も学生時代はこんな感じでいろんなところでサードプレイスを持っていました。

 

 

僕はガストでバイトしてたんですけど、年齢性別はバラバラだけど、結構仲良くなって、みんなでドライブに行ったり、よく遊びに行ってました。でその中から付き合う仲間もできたりしてね。

 

 

学生の同級生とは飲みに行かないのに、バイト先の仲間とはよく飲みにいくとかっていうこともありました。

 

 

こういうのを通して思うのが、なんとなく、サードプレイスのような場所って、信頼関係というか、仲間意識というか結構そういうのが芽生えてた気がします。

 

 

逆に社会人になって病院勤務だった時は、いろんな同僚はいたけど、飲み会もそこまで行きたいって思わなかったし、「仕事上の付き合いだし、いつか辞めるしな」っていうのも結構思ってたりしましたね。

 

 

まあ、副業でビジネスやってたということもあったけど、飲みに誘われても適当に理由つけて断ってましたから。

 

 

まあ、本音は、

「あなたたちと付き合ってても、稼げるようにはならねえんだよ」

って心の中では思ってましたが 爆。

 

 

会社って学生時代とはなんか違う感じで、なんとなく僕の性格かもしれませんが、どこかで一線を引いていた気がします。

 

 

で、いろいろ思い出してて思うことが、なにかひとつのコミュニティに属していると、そのコミュニティの中の常識が自分の常識になっている気がしませんか?

 

 

別の会社に転職してすぐに話す内容とかは、やっぱり「前の会社ではどうだったこうだった」って、その常識になってしまっている自分がいて、で、新しい職場で働いているうちに、またそれが新しい常識になる。

 

怖いのが、そういうのを無意識に受け入れてしまっている自分なんですよね。

 

 

うん。

 

 

何が常識か正解かなんてわからないけど、自分の意見を言えない雰囲気になっていたりして。

 

 

さっきも話したけど、僕はそういった会社の中で周りとは一線を引いていたからこそ、なんか押し付けられている常識とか規則ってやつがホントに胸クソ悪くて、どっか別の場所に居場所を探してました。

 

 

自分自身がもっと輝ける場所はないのかって。

 

 

そうやっているうちに、なんかやりたいなあっていうので、まずは気の合う仲間でフットサルチームを作って、その仲間とつるむようになりました。

 

 

 

サードプレイスを作るメリットとは?

で、この話題の本題なんですが、結局人がサードプレイスを求めるひとつの要因としては、自分を認めてもらう場所なのかなっていう感じがしているんです。

 

 

他人から自分の存在を承認される、肯定される、ということは人にとって、かなり大事なことなんですね。

 

 

普段言えなかった悩みを相談することができたり、アドバイスを求めることができます。

 

 

そういう場所って、自分を個として見てくれるじゃないですか?

 

 

会社員とかって、あくまで同僚とか、上司とか部下とかそんな感じでしかなくて、仲間意識ってあんまり芽生えなかったなあ。

 

 

まあ、これも人や会社によると思うんですがね。

 

 

またなんにせよ、サードプレイスを作ることで、新しい考え方や選択肢、情報を知ることができ、自分にとってとてもプラスになります。

 

 

そうやってコミュニケーションを通して、自分を再認識する、自分を再構築することができるっていうのは、すごくメリットがあると思うんです。

 

 

だからこそというか、会社以外にサードプレイスを持つっていうことを是非意識してほしいと思っています。

 

 

 

で、サードプレイスを見つけたら、ぜひどんどん発信をしていって、あなたという個性を磨いてほしいなと思います。

 

 

もちろん、得意なこと、不得意なことって人には必ずあることだと思うんですが、自分が不得意だと思っていることでも、その新しい場所では一番活かせる個性かもしれない。

 

 

そういうことって結構あると思うんです。

 

 

逆に周りの人同士の強みを生かして、新しいイノベーションが生まれることもあるし、いろんな可能性が出てくると思います。

 

 

とまあ、こんな感じでサードプレイスのメリットとか、僕が体験した話をしてきましたが、サードプレイスを持つっていうことに興味を持っていただけましたか?

 

 

このご時世、たくさんのオンラインコミュニティができています。

 

 

 

どのコミュニティがいいとか、自分に合うとかっていうのは入ってみないとわからない部分もありますが、なんにせよ、一番大事なのはそういうコミュニティに参加してどんどん発信をしていくということです。

 

 

そうすれば、今まで当たり前だと思っていたことも、違う視点から考えることもできるし、これまで使っていなかった(発見できなかった)才能やスキルを見つけることもできます。

 

 

そんなこんなで、ぜひ一緒にサードプレイス作って行きませんか?っていうのが、今回のまとめかな 笑。

 

 


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが好きなことをコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



このContents Creation Lab.のメール講座では

あなたの『好き』を『仕事』にする方法を

ステップバイステップで学ぶことができます。


メールアドレスを入力すれば、無料ですぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)