今回は集客の基本についてお話ししようと思います。

 

集客かコンテンツか?それが問題だ。

ネットビジネスを勉強すると、『コンテンツありき。お客様の求める価値を提供しよう』などと言われています。

 

もちろんその通りです。

 

少し昔の話ですが、産業革命の時代では物が少なかったのでいい商品があれば勝手に売れてました。

 

 

しかし現代社会においては、物や情報に溢れ相手からあなたをみつけてもらうのが難しい時代になってきています。

 

じゃあ、集客を頑張れば物が売れるかというとそんな簡単なものでもなく、やはり良質なコンテンツは必要になってくるわけです。

 

「おいおい、結局コンテンツと集客はどっちが大事なんだよ?」

 

という質問に対しては、

 

「どっちもです。」という答えを言わざるをえません。

 

しかしながら、人が集まってもいいものでないと売れない、ということを考えるとコンテンツありきではないかと考えています。

 

今回、集客について話そうと思ったきっかけですが、集客って今初めてすぐ結果が出るものではないからです。

 

人を集めるって、時間もかかりますしね。

 

なので、この集客に関しての基本の部分をしっかり腑に落として、今後のビジネスの発展に役立ててみてください。

 

 

そもそもビジネスを選ぶ基準とは?

世の中には、いろいろなビジネスモデルがあると思います。

 

アパレル

飲食

不動産

旅行

物販

などなど。

 

あなたが今からビジネスをしようと思った場合、『そこに市場があるかどうか=お客さんがいるかどうか』が重要になってきます。

 

 

僕たちの仕事関係ではよくありますが、得意な手技や技術を持っていて治療院を開業したとします。

 

しかしその地区に治療院のニーズがなかったらどうでしょうか?

 

健康促進の街とかで、「高齢者もみんな元気!」なんていう街があれば、そこに治療院があったとしても売れないと思います。

 

また暑い地域のど真ん中でアイス屋さんをすれば売れるかもしれませんが、南極ではアイスは売れません。

 

つまり、そこにニーズがあるのか?お客さんがいるのか?をまずは見極めなくてはなりません。

 

これがマーケティングに重要なリサーチと言われる部分です。

 

 

どのように集客をするか?

ではどのように集客をすればいいのでしょうか?

 

ポイントは2つあります。

 

1つは、人が集まってくるところから集めてくる

例えばビールを売るとします。

 

あなたの家の前で売るのか、東京ドームで売るのかではどちらが売れると思いますか?

 

・  、

 

言わなくてもわかりますね。

 

もちろん東京ドームでビールを売る方が欲しい人も多いので売れるはずです。

 

つまり、すでに大量のアクセスがある場所を活用することでより簡単に確実に集客をすることが可能なわけなんです。

 

インターネットビジネスの場合はSNSがこれにあたります。

Facebook、twitter、Youtube、Instagramなどの人が多く利用しているSNSをうまく活用することで、より簡単に効率よく集客を行うことができるのです。

 

2つ目はツールを活用する

インターネットはツールを使うことで、レバレッジを効かせることができます。

 

圧倒的短時間で、かつ大量にアクセスを集めることも可能になります。

 

 

リアルであれば、一人一人時間をかけて自分でしないといけないところを、ツールを使えば、朝会社に行く前にツールを起動させ、帰ってくるときには数100人単位でもアプローチできるのです。

 

 

例えば毎日100人をFacebookで集めようとします。

 

これを手動でしようと思うと、作業時間は約2時間。

年間行うことを考えると、365日×2時間=730時間

 

その日数は730時間÷24時間で約30日かかる計算になります。

 

 

これがツールであれば、設定含め、5〜10分あれば可能でしょう。

365日×5分=1825分=30時間となります。

 

 

手動との違いは、年間約28日の違いになってくるのです。

 

 

これだけの期間あればブログを更新できますし、さらなるビジネスの展開もできてしまいますね。

 

 

まとめ

ということで、集客の本質的な部分をお話ししました。

 

ポイントとして、

 

人が集まるところからアクセスを集める

・ツールを使ってレバレッジを効かせる

 

このことを、まずは腑に落としこんでください。

 

集客はコツコツやっていくことで後であなたに返ってきますので、このことを頭に入れてぜひ頑張っていきましょう。

 

Shiomi(しおみん)


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが学んだことををコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



僕がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今の資産を築いていったのかは

このレポートで知ることができます。



→ Route 335 を読んでみる。


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)