SNSの種類について

以前、インターネット集客について

全体像をお話ししました。

 

その中でも今回はSNSに焦点を当てて

詳しく見ていこうと思います。

 

なぜならSNSにはそれぞれ特徴があり、

向き不向きというのがあるからです。

 

というわけで今回は主要SNSである、

・Twitter

・Facebook

・Instagram

の特徴や違いを見ていきましょう。

 

解説動画

Twitter

まずはTwitterです。

Twitterは主に10代〜20代の男女に

広く使われています。

 

140文字という文字数の制限があるため

気軽につぶやくという感じで

若年層に広まっている印象があります。

 

他のSNSと比べても手軽に投稿できる SNSで、

面識がない人同士でも気軽にフォローができるので

繋がるやすさはピカイチですね。

 

Twitterは特殊なアルゴリズムがないため、

ただひたすらに時系列順に投稿が表示されるということで、

投稿してもすぐに他の投稿に埋もれてしまうということも

よくあることですが。。。

 

そして良くも悪くもRT(リツイート)で

一気に拡散する力がありますので、

手軽さを利用してどんどんフォローしていって

繋がっていくのがいいと思います。

 

Facebook

次はFacebookです。

Facebookは、やや年齢層が高めな感じがしますね。

 

若い人が全くやってないわけじゃないですが

基本的には実名登録のため、

あまり若いお姉さんが使っているということは

少ないような気がします。

 

逆にそういうアカウントは、

業者が使っているアカウントの場合が多い気がします。

(もちろん全てではありませんが)

 

特徴としては、

繋がりにくさはあるものの、濃く繋がれるといったところです。

 

そしてTwitterよりは1つ1つの投稿に重みがあります。

 

情報発信者の宣伝媒体としても使われていたり、

ビジネス的な繋がりも多い感じがありますので、

ビジネス的な投稿をしやすいということでもあります。

 

拡散力に関してはTwitterに比べると少ないですが、

「シェア」があるため拡散しないわけではないです。

 

あとはFacebookには”独自のアルゴリズム”があるため、

時系列ではなく仲が良い人の投稿が載りやすいという特徴もあります。

 

ただ友達の数を増やすというよりは、

濃い友達を作っていくことが大切ですね。

 

Instagram

3つ目はInstagramです。

日本では最近特にユーザー数が増えていますね。

 

世界規模ではTwitterのユーザー数を上回るSNSであり、

日本のInstagramが公式に広告を載せます!と声をあげたことからも

さらにビジネス的用途が高まる可能性が高いです。

 

Instagramの特徴は「写真SNS」なので、

若い世代や女性がとても多いことです。

 

写真は言語を超えるため、

海外のユーザーにもリーチできますしね。

 

料理、カメラ、アート、ファッション、アパレルなど、

自分のビジネスにマッチした投稿ができるならば

ビジネス用途としても是非使っておきたいですね。

 

Instagramは、広告も写真メインなので、

あまり「広告臭」がしないというメリットもあります。

 

投稿フィード自体はTwitterと同じく時系列順なので、

RTやシェア機能もないため拡散しずらいです。

 

自分のInstagramを拡散するには

「ハッシュタグ」がキーになるのですが、

インスタユーザーも「ハッシュタグ」で検索してくるため、

投稿にたくさんハッシュタグをつけたほうが拡散を狙えます。

 

ということで、

今回は主要なSNSについて解説してみました。

 

「自分はどのSNSに向いていて、力を入れるべきか」を

考えてみてもいいですね。

 

しかし、以前お話ししたように、

SNSは時代性や特徴がありますので、

1つのSNSに執着せず、時代に合わせて活用していくことが

ビジネスを加速させる上では重要だと思います。

 

Shiomi(しおみん)