過去のSEO対策

過去のSEO対策は

スパム行為的なものが多く存在していました。

 

今も昔もGoogleはユーザーにより良いコンテンツを見せるために、

あらゆる手段を用いてWebサイトの評価を行っています。

 

しかし評価の方法が今よりも完成していなかったため、

抜け穴も多く存在しました。

 

例えば「被リンクが多いほど上位表示される」

というようなものです。

 

これは被リンク( 外部リンク)を多く集めているページは、

きっと評価が高いページであろうと評価する

Googleのロジックがあったからです。

 

当時はとにかくサイトを量産して

あらゆるサイトから一つのサイトに被リンクを飛ばし

上位表示させようとしていました。

 

しかし、今では

そんな単純な話ではなくなっています。

 

解説動画

現在の3つのSEO対策

現在のSEO対策は大きく分けて3つです。

現在のSEO対策として、

内部SEO、外部SEO、コンテンツSEO

というものがあります。

 

内部SEO

そもそもSEOというのは様々な要素がからみ合って
全体的に評価されるものであり、

全ての要素を最適化することは恐らく不可能に近いです。

 

内部SEOというのはSEOにおいて

「自分のサイト」のみで行う対策ということで、

外部からの影響を受けない部分です。

 

例えばブログタイトルとか、

ブログの文字数、HTML構成などがあります。

 

すべてが絡まってくるので、内部SEOは

どちらかというとあまり重要視はされていないようです。

 

外部SEO

外部SEOとは外部から与えられる評価のことです。

 

これは自分のサイトとは全く関係無いサイトから受ける評価なので、

さほど要素の数は多くないです。

 

例えば他のサイトから自分のサイトへのリンクが送られていたりすると

自分のサイトの評価が上がりSEOに強くなると言われていますね。

 

コンテンツSEO

Googleはユーザーにとって良いコンテンツでなければ

上位表示はさせることはありません。

 

つまりコンテンツSEOとは、

「良いコンテンツの発信で、検索からの流入を増やし

露出を多くしていくSEO」であると言えます。

 

そもそも質の高い被リンクが

自然に集まるようなコンテンツというのは、

「質が高いがゆえにリンクを貼りたくなる」という

流れであることを理解しましょう。

 

私たちがすべきは良質な情報のアウトプットで、

自然に紹介したくなるようなコンテンツ作りをしていれば、

Googleにとっても検索上位に表示させることができると言えます。

 

結局のところSEO対策とは、

Googleの理念からもわかるとおりユーザーに対して

価値の高いコンテンツを提供することにつきます。

 

もちろん、Googleに嫌われてしまえば

検索上位に表示できませんが、

そもそも人の役に立つ情報であれば

Googleにとっても良い情報と言えますね!

 

Shiomi(しおみん)