どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

今回は、メルぞうとXamに、

ご自身が作った無料レポートを

提出・申請する方法を解説したいと思います。

 

解説動画

 

レポート申請の前の事前準備

メルぞうやXamにレポートの申請をする前に、

事前に準備していただきたいものがあります。

 

こちらです。

 

レポート申請用事前ファイル

 

このファイルは事前に、

メルマガタイトル、説明文、請求ページに

記入する文章を作ったものです。

 

事前にこれを作っておくと

レポートを申請する際にかなり楽になりますので、

このファイルを使って考えておきましょう。

 

 

ちなみに、レポート内には私が提出した際の

文章が書いてありますので、

参考にされてみてください。

 

また、それぞれ注意点がありますので、

説明しておきますね。

 

 

読者を増やすメールマガジン

ここはあなたが登録したメールマガジンです。

 

レポートを提出するにあたって、

レポート内にこのメルマガの登録情報を

書いておく必要があります。

 

レポート内に記載した情報と、

このメルマガ情報が違っていると

メルぞうさんの審査に通りませんので

気をつけてください。

 

レポート名

レポート名は公には記載されていませんが

120文字という制限があります。

 

下記サイトで

(⇒ 文字数カウント

120文字以内で考えていきましょう。

 

また、タイトルの付け方にはコツがありますので、

過去に登録されているメルぞうのレポートを参考に

考えていきましょう!

 

カテゴリ

カテゴリは、自分のレポートに近いものを選択します。

私の場合は、『ネットビジネス』が多いですね。

 

説明文

説明文の文字数は200文字です。

この字数制限を超えると、審査で落ちてしまいます。

また、ここは改行を使わずに記載する必要があります。

タイトルと説明文でダウンロードされるかどうかが

決まると言っても過言ではありません。

 

しっかりと考えていきましょう。

 

請求ページの説明文

請求ページの文字数は1000文字以内です。

ここは改行を使い自由に書けます。

見た目も意識して書いてみてください。

 

反応を上げるためには、

しっかりとレポートのメリットや

ベネフィットを書いていきましょう。

 

レポートファイル

レポートファイルは、

提出用のレポートを選択してください。

 

大容量のPDFになると審査に通りません。

なので、本体のレポートはサーバーにアップし、

申請用レポートはその本体レポートへのリンクだけにする、

といった工夫も必要です。

 

逆にその場合は

申請用のレポートもシンプルになりますので、

審査に通りやすくなると言ったメリットもあります。

 

表紙画像ファイル

意外と甘く見がちですが、

表紙画像も重要な部分になります。

 

このデザイン次第でダウンロードするかどうか

決める人もいますので、ぜひしっかりと考えていきましょう。

 

表紙画像がないと、

デフォルトのダサい表紙画像になってしまいます。

 

そして、画像の形式は、『gif』で出力してください。

そうしないと、メルぞうさんに掲載出来ませんので

「jpg」「png」であれば、必ず『gif』に変更するようにしてください。

 

Xamへのレポート申請

Xamへも同じようにレポートの申請ができます。

先ほどの申請用のレポートを使って記入していきます。

 

Xamの場合はダウンロードする際に

メールアドレスのみでダウンロードするか、

名前を記入してダウンロードするか

決めることができます。

 

ご自身で良い方を選んでください。

 

無料レポートの申請のポイントは以上になります。

 

ここでつまずくと時間がかかってしまうので、

ポイントを押さえてサクッと

申請&登録までやっていきましょう!

 

Shiomi(しおみん)


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが学んだことををコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



僕がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今の資産を築いていったのかは

このレポートで知ることができます。



→ Route 335 を読んでみる。


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)