QUESTの法則とは?

売れるセールスコピーには、共通する文章の「型」があります。

この「型」を公式化した有名なコピーライティングの法則に、

「QUESTの法則」があります。

 

この法則を用いることで消費者心理の流れに沿った

セールスコピーを簡単に書くことができます。

 

「QUEST」とは、以下の5つの頭文字から作られた言葉です。

Q:Qualify(絞り込む)

U:Understand(共感する)

E:Educate(啓発する)

S:Stimulate(興奮させる)

T:Transition(変化させる)

 

QUESTフォーミュラの5要素を文章に盛り込んでいくことで、

反応のとれる文章、売れる文章を簡単に書くことができるようになります。

 

解説動画

QUESTを一つずつ見てみよう!

Q:Qualify(絞り込む)

このパートでの役割は次の2つです。

・読み手を特定する

・問題を自覚させる

 

Qualifyとは、見込み客になるターゲットを明確にすると同時に

「相手の悩みや問題を解決する」ことを宣言します。

 

『あなたの〇〇といった悩みはこれで解決します!(できます)」

と、宣言するのがQualifyにあたります。

 

上記の文言を、タイトルやヘッドコピーに入れていくことが代表的ですが、

冒頭の文章に盛り込んでいくことも1つです。

 

Understand(理解・共感)

Understandは、「相手の悩みを理解し・共感する」という部分になります。

このパートでは

・見込み客と共に痛みを分かち合う

・問題の痛みを強調する

・早く問題を解決したいと感じさせる

という役割があります。

 

上記のニュアンスを含んだあなた自身のストーリーを書いていくことで、

理解や共感を示していきます。

 

家族などの身近な方の例なんかも有効ですね。

よくアフィリエイターの方が自分の生い立ちを語っているのは

こういった理由があるのです。

 

Educate(教育)

Educateは、自分が相手に紹介する商品やサービスで悩みを抱えている人に対して、

どれだけ役に立つものであるかを説明していくステップとなります。

 

教育というよりは、相手との信頼関係を構築していく段階にあたります。

 

手法としては、

・数を提示して価値を高めること(ブレッド)

・お客様の声や体験談を記載して他の人のポジティブな答えを見せていくこと(社会的証明)

などが効果的です。

 

口コミって相当な威力を発揮するので

ぜひ頭の中に叩きこんでください。

 

Stimulate(興奮させる)

悩みを抱えている人に対して、

その商品のベネフィットを提示して感情を高ぶらせる段階になります。

 

販売したい商品やサービスを購入したら、

「どのような未来が待っているか?」

を明確に伝えたうえで相手を興奮させます。

 

「今より10キロ痩せた自分を想像してみてください。

間違いなく異性からモテているのではないでしょうか?」

 

「この教材を実践して、稼げるようになれば、高級車に乗ることもできますし、

世界中を旅行することだってできます。」

感情に訴えていくということですね。

そうすることで、欲しくてたまらない状態にさせることができます。

 

また、特典を付けたり、○個限定、○日間限定のような形で

希少性を出すことも、効果的な手法です。

 

Transition(行動させる)

内容のまとめや特典のまとめを記載することや、

価格や保証を記載することがここに該当します。

 

欲しい状態になっている人の背中を押すイメージですね。

「お申し込みはこちらから」といった出口をしっかりと用意して、

お客さんの行動を促します

 

意外とこれが忘れがちです。

せっかく意識付けしているのですから、

しっかりとActさせるように促してください。

 

まずは型に沿ってやってみよう!!!

QUESTの法則は確かに

コピーライティングの技術として基本的なものになっています。

 

このガイドラインを守ることで大きな失敗はないと考えられますが、

ガチガチにフォーマットを守る必要はありません。

 

ただ慣れないうちは、

まずは型に沿って文章を書いてみることをおすすめします。

 

型に沿って文章を書いていくことで、

どういった構成にするとどのように感情が動かされるのか、

どのような流れがストレスなく読めるのか、

徐々に把握できるようになってきます

 

まずはQUESTフォーミュラに沿って、

反応をとる文章を書くための基本を学んでいってくださいね。

 

Shiomi(しおみん)