どうも、DYNYです。

 

以前まででラクサバとお名前.comを結びつける作業をしましたね。

 

今回はブログシステムを導入するデータベースを作ります。

 

 

では行きましょう。手順が長いので、一つ一つゆっくり。

 

MySQLのデータベースを作る

コントロールパネル(ラクサバサーバパネル)にログインしサイドメニューからMySQL設定を選択します。

 

 

 

データベース名を入力します。

 

データベース名は「サーバーID_好きな文字列」です。

サーバーのIDはここでは『DDDD』と設定しています。

 

 

記入後、MySQLの追加(確認)」をクリックします。

 

確認画面が表示されます。「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリック。

 

 

MySQLユーザーを作る。

データベースを作っただけではアクセスする事ができません。

 

MySQLユーザーを作成し、データベースにアクセスできるようにしましょう。

 

 

関連メニューの「MySQLユーザの追加」から、MySQLユーザーを追加します。

 

MySQLユーザIDは「サーバーID_好きな文字列」です。

 

画面では「DDDD_wpuser」とします。

 

ここでパスワードを入力するのですが、今後データベースへのアクセスに必要となるので、必ずユーザーIDと一緒にメモして控えるようにしてください。

 

記入したら「MySQLユーザの追加(確認)」をクリックします。

 

これでMySQLユーザーが作成できました。

 

 

アクセス権所有ユーザに追加します。

MySQLユーザーを作成しただけではデータベースにアクセスする事ができません。アクセス権所有ユーザを設定します。

 

ユーザ名の横にある追加をクリックします。

 

 

確認画面が表示されます。「MySQLユーザーの追加(確定)」をクリックします。

 

 

データベースの権限を選択します。

 

「すべて選択」を選ぶと全ての権限が有効になります。

 

WordPress公式の推奨設定ですので、アクセス権はすべて選択肢して、「アクセス権の追加(確定)」をクリックします。

 

 

最終確認です。

データベースとユーザが設定されていればOKです。

 

 

お疲れ様でした。

 

ここまでで、ワードプレスを導入するためのデータベース作成が終わりました。

 

ここができればあとはワードプレスを導入するだけです。

 

ワードプレスの導入までもう少し。

 

次も頑張っていきましょう!

 

DYNY