メルマガの開封率が悪い

メルマガを配信していると、

送ったメルマガがどれだけ読まれているのかは気になりますよね。

 

メルマガをやり始めた人の悩みで

開封率が悪いというものがあります。

 

メルマガの中身はものすごく濃く書いているのに

何故か開封されない。

 

いくら濃厚なメルマガを書いたとしても

読まれなければ意味がないのです。

 

アメリカのデータなんですが、

「2017年業界別メールの平均開封率レポート」を見てみると、

開封率が20%前後というのが一般的なようです。

 

つまり100人にメルマガを送っても、

20人前後にしか開封されていないということになります。

もっともっと自分のメルマガを開封して読んでもらいたいですよね。

 

今回はそんなメルマガの開封率を倍にする方法について解説します。

 

解説動画

 

メルマガの開封率が低い理由

開封率が下がる原因はいろいろ考えられますが、

影響の大きいものをピックアップしてみます。

 

メルマガが届いていない

そもそもメールマガジンが配信先に届いていなければ、

開封のしようがありません。

 

メールマガジンが届かない原因もいくつか想定できますが、

1つはハードやソフトのエラーが原因の場合があります。

 

宛先のメールアドレスが間違っていたり、

システムエラーが発生しているなどの理由で

メルマガが届かないことがあるようです。

 

また、メルマガが「迷惑メール」になっている場合も

メルマガが読者に読まれることはありません。

 

迷惑メールになる原因もいくつかありますが、

メルマガ配信スタンド側で対応できることもありますので

迷惑メールに入らないように設定を促すなど

自分でできることはしっかりやっておきましょう。

 

読者の興味・関心と合っていない

メルマガが正しく読者に届いたとしても、

読者がメルマガに興味・関心を持てなければ、

それを読もうとは思いませんよね?

 

例えば、

ダイエットをしてオシャレな服を着たいと思って

メルマガを購読している人に、

ナンパ教材のメルマガを送っても

読まれないのは当たり前です。

 

開封率を上げるための大事なポイント

ではメルマガの開封率を上げるためには

どうしたら良いのかを考えてみましょう。

 

メールタイトルには命をかける

メルマガのタイトルは本当に重要です。

 

タイトルで興味関心を持てなければ、

メルマガを開いてくれることもありません。

 

ブログなどのWebコンテンツと同じで、

重要なことは先に書く、数字を入れる、

メールマガジンの内容がわかるなど、

徹底的に考え抜いて作り込でみましょう。

 

そしてメルマガ初心者の方が

特に見落としがちなのが差出人名(=送信元名)です。

 

Gmailの受信箱の表示を見ると、

一番左側に差出人名が表示されています。

 

つまり、メールを開封する前に

最初に読者が目にするのがこの差出人です。

 

読者にとって馴染みのある差出人名や

面識のある人からのメールだと躊躇なくメールを開くと思います。

 

しかし、適当な名前だったり、興味関心が合わないと

開いてくれる可能性は下がってしまいますので、

ここも気をつけておきましょう。

 

メルマガが届くのを楽しみにしてもらう

どれだけタイトルが良かったとしても、

メルマガの内容に魅力がなければ、

最終的には読者解除されてしまいます。

 

メルマガを購読している人が、

届くのを楽しみにしているメルマガを作る。

 

意外と見落としがちなポイントですね!

当たり前なことを、ちゃんとやっていきましょう。

 

とにかく試して確認をする

そして、最後はとにかく試してみるです。

・どんなタイトルが有効なのか

・どんな内容を求めているのか

・いつ配信するのがいいのか

など、いろいろな視点からテストをしましょう。

 

Shiomi(しおみん)