どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

今回の記事は、

なぜ私がMacbookを使っているのかを

話そうと思います。

 

はじめはWindows95

そもそもはwindowsユーザーでした。

 

中学生時代、母が買ってきた

大型のデスクトップパソコン。

 

それはWindows95でした。

 

思えば、それがきっかけで

パソコンに強くなっていたと思います。

 

当時、家にパソコンなんてほとんどなかったわけで、

ましてやインターネットもダイヤルアップの時代。

 

物好きなのか、将来を見越してか。

母のとった行動は、その後の私の人生を変えてくれました。

 

「感謝してるよ、母さん。」

 

時は流れ・・・。

学生時代、授業でパソコンを使うために、

一人一台が義務付けられていました。

 

当時はWinXP。

 

人より少しパソコン操作ができていた私は、

XPのカスタマイズに明け暮れ、

そしてP2Pソフトにはまりました。

 

もちろん当時のパソコンはウイルスにやられ、

初期化をくり返す日々。

 

起動しない→初期化→不具合→起動しないのループ。

 

そんな繰り返しをしながらも、

パソコンに少しづつ強くなっていったのでした。

 

社会人1年目。

そもそも仕事でエクセルやワードが必要でしたので、

Windowsのパソコンは必要でした。

 

その時に持っていたのはSONY VAIO type T。

当時はtx-〇〇の型式だったと思います。

 

サクサクではないのですが、

B5サイズだったので持ち運びに便利で

なかなかかわいいやつ。

 

結構高かったのですが、

ガンガン活用していましたし、大好きでした。

 

そして2009年、Macユーザーに。

結婚を機に引越しをしました。

 

家具を買い揃えある某家電量販店に立ち寄った時でした。

 

そこで、ある出会いをするのです。

 

『Macbook Pro 2009』、

何を隠そう、今の相棒です。

 

Windowsしか持っていなかったのですが、

Macは一度は使ってみたいと思っていました。

 

ですが、デザイナーや音楽業界など

その道の人しか使っている人がいないと思っていました。

 

しかしアルミボディのMacbookを一目見た瞬間、

人とは違う存在でいたいという(あまのじゃく 笑)、

私の心に火をつけました。

 

妻を凄まじいコピーで納得させ、

いざ購入です。

 

使ってみると、起動は早い、サクサク動く、

なんか画面が綺麗、トラックパッドが使いやすすぎる、

ウイルスの心配がいらないなどなど

ストレスがほとんどありません。

 

なんといっても、

「俺、Macユーザーだから」っていう優越感。

 

ついついほくそ笑んでしまう。

 

もちろん仕事でもバリバリ活用中です。

この頃のタイプからブートキャンプと言って

MacbookにWindowsをぶち込む正式な方法があるのもあって、

Macを使いながらエクセルやワードも操れてしまう。

 

よだれが出るほど、超イケてませんか?

 

Macのデメリットは?

ただし、いい事だけではないのがそれまた人生。

 

Macを使っていてのデメリットは、

やはり仕事をする上での書類の互換性。

 

ブートキャンプを使えば中身はWindowsなので

互換性は問題ないのですがそこはMacユーザー。

 

Macユーザーならpagesやnumbersで

押し切りたくなります。

 

なぜならできた書類の綺麗さといったら、

Windowsの比べ物にはなりません。

 

純正のoffice for macを買えばいいのかもしれませんが、

高いうえに実は互換性が低い。

 

これは買う意味なしと判断しました。

 

あとはいろいろと付属品だったり、

画像編集ソフトが高い印象があります。

 

まだまだ現役

長くなってきたのでそろそろ終わりにします。

 

Macを語ればいくらでも出てくるのですが、

これもブログのネタに小出しにしていきますね 笑。

 

私の個体は2009年モデルなので、

もう7〜8年選手ですがOSもElcapitanも入ってますし、

一度HDDをSSDに換装していますがサクサク動いてくれます。

 

これってすごくないですか?

 

WindowsのPCって7年前の機種なんて使えませんよ!?

 

こんな愛してやまないMacbook。

あなたもMacのその魅力に溺れるがいい!!

 

Shiomi(しおみん)

 


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが学んだことををコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



僕がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今の資産を築いていったのかは

このレポートで知ることができます。



→ Route 335 を読んでみる。


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)