リストって?

メルマガビジネスで稼ぐ上では

『リストマーケティング』

の考え方は絶対に必要です。

 

特に「リスト」の概念は理解しましょう。

 

ここで言う「リスト」とは何なのか?というと、

「顧客リスト」

「お客さんのリスト」

のことです。

 

メルマガの場合、読者さんのアドレスのことを指します。

 

メールマーケティングでは、

その貴重なアドレスをリストと呼んでいます。

 

メールマーケティングとは、

ブログなどのメディアでリスト(見込み客)を集客し

そのリストを教育していきセールスを仕掛ける

『プッシュ型』と呼ばれるマーケティング手法です。

 

解説動画

リストは丁寧に大事に扱っていこう

文字で見るとリストっていうと物みたいですが、

登録してくれた人がいて、あなたのメルマガの読者さんに

なってくれたありがたい存在です。

 

この「リスト(メールアドレス)」は

当然大切に扱うべきですし、

登録してくれた読者も当然丁寧に対応すべきです。

 

ネットビジネスにおいて何よりも大切な資産が

この「リスト」だと多くの起業家が言います。

それぐらい、重要なのです。

 

リストマーケティングで大事なのは数ではない

メルマガアフィリエイトなどでDRMを実践している人の中には、

「リスト数」ばかり追い求める人がいます。

 

しかし、リストマーケティングで稼ぐためには、

必ずしも「リスト数」が多くないといけないわけではありません。

 

その証拠に、

リスト数が何千リストと多くてもたいして稼げていない人もいれば

逆に、数十リスト、数百リストであっても大きな売上を上げる人もいます。

 

ですから、

リスト数や読者数が単純にビジネスの成功に

結びつくわけではないのです。

 

実際に重要なのは、

『リストの濃さ』と『リストの質』

なのです。

 

どれだけお客さんの興味・関心・信用・共感を

得ることができるのかが大事です。

 

どれだけ信頼残高を高められるか?

そういう部分なのです。

 

だから、

あなたのメールに興味を持ってくれる人。

あなたを信用して共感してくれる人。

 

そして、

あなたの紹介する商品を購入してくれる人を

増やすことこそがリストマーケティングの本質です。

 

DRMの『教育』がカギ

ではどうやって信頼残高を高めていくのか?

 

それは、

ダイレクト・レスポンス・マーケティングの

「教育」の部分で行っていきます。

 

「教育」というと上から目線ですが、

要は、自分の価値観や考え方を読者さんに

理解し共有してもらう過程のことです。

 

読者さんに有益な情報を与えることで、

読者さんも行動してくれるようになります。

 

読者さんが行動してくれると、サービスが動き、

読者さんも満足してあなたも嬉しい結果になるのです。

 

このWIN-WINの関係を作っていくことが

とても重要ですね!

 

Shiomi(しおみん)