オーナーマインドとは何か?

今回のテーマはオーナーマインドという考え方についてです。

 

オーナーマインドとはその言葉の通り、

自分がサラリーマンとして雇われて働いているいう意識ではなく

自分がそこのオーナーになるという考え方のことです。

 

これは従業員であっても取り入れる事ができ、

一人ひとりの意識、視野、情熱などによって、

仕事の質が変わるかもしれません。

 

また、経営者(オーナー)の考え方(マインド)を持つ事で

自分で人生を切り開く事さえもできるようになるのです。

 

解説動画

 

3人のレンガ職人の話から紐解くオーナーマインド

3人のレンガ職人の話をご存知でしょうか?

ある旅人が通りかかりそこにいた3人に

「あなたは何をしているのですか?」と尋ねました。

 

1人目の職人は「私は命令でレンガを積んでるんだよ」

 

2人目の職人は「私はレンガを積んでピラミッドを造っているのです」

 

3人目の職人は「私は子どもたちの未来や文化を創っているんだよ」

 

この人たちの違いは、

『オーナーマインドを持っているかどうか』という事です。

 

目の前の作業をただこなすだけの職人に対して、

3人目の職人は大きな視野で責任を持って

作業しているという事がわかります。

 

「自分が雇われのまま

ただ作業をこなすだけで生きていく」のか、

 

「自分で自分を雇うという意識の中で、

より先を見据えて行動できるか」

 

という事は、生き方や今後の人生が大きく

変わるという事が理解できると思います。

 

もちろん、オーナーになるという事は

リーダシップや責任というものが絶対ついてきます。

 

ただ全てを完璧にこなす必要はないにしても、

自己責任や部下の良きフォロワーである必要がありますね。

 

将来を見据えて、前に進んでいる

以前勤めていた、『会社という組織』内で働いていても、

いつでもオーナーマインドを意識して行動していました。

 

具体的にはただ作業を淡々とこなすのではなく、

先につながる仕組みを作ったり、

業務が簡便になるツールを組んでみたり、

実務とは違う業務においても提案をしたりしています。

 

一歩先、半歩先を行く気持ち。

 

私は意識しなくてもそういう行動がとれるように、

無意識下に落とし込めるようにマインドセットをしています。

 

オーナーマインドは雇われているとかが問題ではなくて、

無意識下でも先を見据えて行動できるか?

 

そこが重要ではないでしょうか?

 

どうやって働こうではなく、

「こう生きたいからこうやって働いてみよう」という、

自己発信できる『生き方ありき』な

マインドセットにしていきましょう!

 

Shiomi(しおみん)