どうも、Shiomi(しおみん)です。

今回はリスト取りに役に立つノウハウを

一つご紹介しようと思います。

 

初心者の方であっても

このノウハウを意識することでリストの数も増えてきますし、

リストを集めることで最も大事な

『読者さんの質』を高めることもできます。

 

ぜひ、この記事を最後までご覧になっていただき、

今後のリスト取りに役立てててください。

 

大手企業が使っているフリー戦略

あなたはドモホルンリンクルを知っていますか?

CMでおなじみの再春館製薬所が作っている化粧品です。

 

この再春館製薬所が行なっていること、

それがズバリ『フリー戦略』です。

 

看板商品であるドモホルンリンクルは、

初めは3日間の無料お試しセットという形で

お客様に手に取っていただき、

気に入ったらその後購入していくというものです。

 

他にも、スタバなどの無料試飲、

コストコなんかでもあるハムやお肉の試食など

これらも全てフリー戦略といえますね。

 

このフリー戦略っていうのは、

無料で価値を提供することで、

『返報性の法則』というものが働きやすくなります。

 

返報性の法則とは

「何かをしてもらったんだから、こっちもお返ししなきゃ」と

思ってしまう心理のことを言います。

 

先ほどのハムやお肉の試食。

美味しい焼きたてのお肉をタダで食べると、

「なんかそのまま通り過ぎるのは申し訳ないな〜」

なんて思ってしまいませんか?

 

うちはこれで食費を圧迫していると言っても

過言ではありません 笑。

 

さらに、『ザイオンス効果』というものも

働きやすくなります。

 

ザイオンス効果とは、

何度も同じモノに接触することで

好感度が上がる心理のことです。

 

単純接触頻度っていう言い方もあるのですが、

よく恋愛でも初めは全然興味はなかったのに、

毎日毎日顔を合わせていると、

なんとなく興味を持って、最終的には好きになっていく、

みたいなものも、ザイオンス効果といえます。

 

このように無料で与えるという裏側には、

このような心理を利用した戦略が隠されていたんですね!

 

フリー戦略をうまく活用するために

ではこのフリー戦略。

うまく活用するためには3つのポイントがあります。

 

有料級の無料プレゼント

「タダだから、適当に作って渡せばいいんだ!!」

と今、あなたは思ったはずです。

 

しかし、ここが大きな落とし穴なのです。

 

そもそも、しょぼいコンテンツって見向きもされませんよね?

 

八百屋で『腐れかけのみかん、タダであげます。』って

言われても、みんな「ありがとう」ってならないですよね!?

 

最近でいうと、スマホアプリも同じです。

ゲームなどは初めは無料でやっていって

面白ければ課金しますし、そもそも面白くなければ

即削除ですよね?

 

ということで、フリー戦略で作るコンテンツは、

無料プレゼントであっても有料級である必要があるんですね。

 

タダではあげません!

そしてよくある落とし穴の2つ目が、

『これは無料では配れないよ』っていう人がいるんですが、

これもよくありません。

 

例えば大きな木箱があって、

「この中にはあなたの人生が変わるものが入っています。

でもタダではあげられません。」

ってものがあったとして、

 

すぐに、

「ありがとう。じゃあ買います!」ってはならないですよね!?

 

そもそも「無料では配れない」って言っているやつで

内容がいいか悪いかわからない場合、

「それでも買います」っていう人の方が少ないはずですよね?

 

つまり、人っていうのは、

『商品の価値を知ってから、買うかどうかを決める』のです。

 

なぜなら、

価値があるかどうかを決めるのはお客さんだからです。

 

事前にしっかりとその商品の価値を

はっきりと明示していくことが大事になります。

 

無料だから手に取る。わけではない

有料級のプレゼントができた!

その内容もしっかり伝えられた!

 

これでこの商品を手に取ってもらえると思ってませんか?

ここで3つ目の大きな穴があるんです。

 

実は、無料プレゼントの渡し方にもコツがあります。

 

人が無料のものを手に取るときの心理を考えてみます。

『無料だから商品を手に取る』

って思っている方が多いと思います。

 

え、違うの?今までの話はなんだったの?って声が聞こえてきましたが、

実は人間の行動心理としては次のようなものになっています。

 

「へえ、こんなにいい情報があるんだ」

「え、これが無料なの?」

「だったら貰っておこう」

というふうに動くのです。

 

つまり、無料だからもらうのではなく、

◯◯が無料だったから手に取る、のです。

 

伝わりにくいかもしれませんが、

ここを意識してフリー戦略をとっていくことで、

より濃いリストが集まりやすくなるといえます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

初心者の方であっても

今回のフリー戦略の考え方を基に有料級の

プレゼントを渡すことで

リストの量・質ともに高めることができます。

 

 

有料級の無料プレゼントの作り方に関しても

別記事でお伝えしようと思いますので、

そちらもご覧になってみてください。

 

ではでは。

 

Shiomi(しおみん)