DRMとは?

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)は、

・興味のあるお客さんを集めて、

・お客さんの反応をみながら信頼関係を構築し、

・商品を紹介していくマーケティング手法のことです。

 

反対としてよくいわれるのは、マスマーケティング。

たとえばTVCM。

 

TVCMは広告なわけですが、

とあるテレビ番組を見ていればCM(広告)が流れます。

 

その商品に興味があるかどうかは関係ありません。

 

関係ない人にも広告を見せるので嫌がれるかもしれないし、

費用対効果も悪いです。

 

しかしDRMは違います。

 

DRMはお客さんにあったものを、

お客さんの反応を見ながら紹介することができます。

 

無駄な広告費がかからないし嫌がられる可能性も少なくなるし、

レバレッジの利き方がすごいです。

 

DRMはかなり効率的な手法であり、

一個人が大金を稼ぐには、DRMは欠かせないのです。

 

解説動画

 

集客⇒教育⇒販売

DRMのステップは以下の3つに分かれます。

「集客」⇒「教育」⇒「販売」です。

「集客」はあなたの商品やサービスに

興味の有る見込み客を集めること。

 

「教育」は信頼関係を構築すること。

 

「販売」は信頼関係を構築した上で

適した商品を紹介することになります。

 

具体的に話をしていきましょう。

 

集客。

何らかの媒体を使って興味のあるお客さんを集めましょう。

ブログ、YouTube、SNS、無料レポートスタンドなどがありますが、

これはまた集客の動画でご説明します。

 

ここで質の高い情報を発信しあなたに興味を持ってもらい、

「教育媒体」に誘導します。

 

ここではプレゼントなどがあると有効ですね。

理由をしっかりつけてあげて教育媒体に誘導しましょう。

 

教育。

「教育媒体」としてはメールマガジンが

一般的で時間対効果の面で優れています。

 

また、Skypeなどのメッセージアプリでのやりとりの方が

よりダイレクトレスポンスですし

最近ではLINE@もDRMのツールとして注目されつつあります。

 

そのような媒体に持ち込んだら

そのお客さんの反応を見ながらやりとりをし、

信頼関係を構築していきましょう。

 

信頼関係を築いていくうちにそのお客さんが悩みや理想が

どんどん顕在化されてくるので、そこで「販売」にうつります。

 

ここではそこまで無理に売り込む必要性はありません。

悩みを解決したり、理想を叶えてあげる商品やサービスを

紹介する感覚でいいんです。

 

上手にやれば、売り込みによって嫌われることもありません。

これが、DRMの一連の流れになります。

 

レバレッジをとことん効かせる

しかしDRMが一番凄いのは

「嫌われない」ってことじゃないんです。

 

一番スゴいのは、レバレッジが効くということです。

 

もっと具体的な言葉で言うと

「短時間で短労働ですごい売上げになる」ということです。

 

しかもそれは、ネットで完結します。

なので場所に縛られることもないですし、

メールを送る時間などをあらかじめ設定しておけば

時間に縛られることもありません。

 

初めて聞いた人には本当に夢のような話だと思いますが、

ビジネスをうまくやってる人はみんな使ってます。

 

実際「1年に数通メールを送っただけで数億稼ぐ」なんて人も

実在しているのが現状です。

 

そうなるためには最初は地道で泥臭い仕組みづくりが必要です。

しかし1回ある程度それを作ってしまえば

ドンドン簡単に稼げていってしまいます。

 

ネットで稼ぐ上でDRMは欠かせないマーケティング手法です。

しっかりと理解しておいてください。

 

Shiomi(しおみん)