コピーライティングとは?

コピー:文章

ライティング:書くこと

という意味なのですが、僕はコピーライティングとは、

『人を行動させるための文章術』と考えています。

 

あなたが書いた文章によって人を行動させることができれば、

人をメルマガに登録させることも、

商品を買わせることも自由自在です。

 

あなたが普段使っているインターネット上のほとんどは、

「文字」で構成されていますよね?

 

つまり文章力をあげてそれをうまく使いこなすことができれば、

同じ情報を伝える場合でも、

コピーライティングスキルの違いで

受け手にとっての情報の価値は大きく変化します。

 

すなわち、『人の感情を揺さぶる』ということを

文章で行うということなんですね。

 

解説動画

 

同じ文章でも伝え方が違えば伝わり方も違う

おなじ車の紹介をします。

 

A:すごく小回りの効く、安い軽自動車です。

 

B:軽とは思えない上級機能と装備。

もはや黄色ナンバーとは思えない軽!それがこのお値段で!

 

というような二つの紹介文。

あなたの感情を揺さぶったのはどちらでしょうか?

 

たぶんBではないでしょうか?

 

残念なことに、ネットビジネスのブログやメルマガでは

Aのような発信ばかりしている人が見受けられます。

 

「この商材、本当におすすめです。限定です。」

こういった言葉の繰り返し。

 

人はただ「おすすめ、良いよ」と言われても、

それだけでは魅力を感じませんし、

それだけで購入しようとはしません。

 

つまり、下手なコピーライティングでは商品は売れない!ということです。

 

コピーライテングを学ぶためには?

コピーライティングは、

・いかに簡潔に物事を伝え、

・いかに相手に納得させ、

・いかに読みやすい文章を書けるか、

ということが重要になってきます。

 

つまり『お客が行動する心理を学び、文章力をあげていくこと』が大事ですね。

その本質は「人を理解する」ことです。

たとえば心理学や行動学など。

 

僕のコンテンツ内でもいろいろ紹介していますので、

わかる部分からゆっくり落とし込んでみてくださいね。

 

Shiomi(しおみん)