Benchmark Emailの登録・導入方法。リストマーケティングに最適!HTMLメールで楽々分析

どうも、Shiomiです。

 

「メルマガやりたいなあ。」

「でもどうやっていいかわからないなあ。」

「メルマガスタンドってたくさんあるけど、どれがいいかイマイチわからん!!」

 

というあなた!

お待たせしました。

 

オススメのメルマガスタンドの紹介のコーナーです。

 

 

 

早速ご紹介しますが、その前に・・・

僕はつい最近まで、MyASPというメルマガスタンドを活用してきました。

→ マイスピーMyASP(メルマガスタンド)に登録する方法

 

とても優秀なメルマガスタンドで、ステップメールも簡単に作れるし、ネット起業家から非常に人気があるツールです。

 

僕が使用していたのはパーソナルプランといって、1人に対して1つのサーバー(VPS)で運用できていたので、迷惑メールに入ることも少なかったですし、日々のメルマガも簡単に送れていました。

 

が、約1年間使ってきて、少し使いにくさというか、正直ここまでいらないなっていう機能も多くかったんですね。

 

特に初めのうちは、MyASPを使い始めた時はボタンの多さにかなり混乱した記憶があります。

で、今現在も触ったこともないボタンもあって、なんだかなあって。

 

そんなこんなで、メルマガをずっと発行しながらクリック分析などをずっとやってきたのですが、もう少しマーケティングに活用できる方法はないかと模索していた中、いいマーケティングツールを発見しました。

 

 

 

リストマーケティングで必要なこと

リストマーケティングは、メルマガを使ってマーケティングを進めていくのですが、メールというツールを使うことにより、1対1で個別的に話をしているような感覚でマーケティングを行うことができます。

 

メルマガを使ってマーケティングを行う具体的な方法としては、

 

・性別や年齢で分ける

・住んでいる場所で分ける

・読者の関心を調査する

・開封のタイミング

・クリック率

・賞品購入後のリピート率

・A/Bテスト

 

といったものを、より細かく分析し、状況に応じて個別にメルマガを送り分けるなどして、より読者の方に行動してもらいやすくしながら進めていきます。

 

MyASPでもうまくやればこういったところも調べられたんでしょうが、ボタンの多さなどからイマイチ扱いきれてなかったんですね。

 

 

こういった機能がどうしてもMyASPではやりにくいということもあり、新しいメルマガスタンドを探してきたという経緯があります。

 

ということで、前置きが長くなりましたが、今回僕が新しく導入したマーケティングツール、メルマガスタンドをご紹介したいと思います。

 

 

 

Benchmark Email

これからリストマーケティングを始めてみたいという人は、ぜひ検討して欲しいのが、このBenchmark Emailです。

 

高機能なのに操作画面はシンプルで、とても使いやすいマーケティングツールです。

 

もちろん、ステップメール(オートメーション)機能もあるし、リストを条件で分ける(セグメント機能)もあるので、ある条件でメルマガを分岐したり、リストを分けることだってできます。

 

そして、主にHTMLメールを使うことから開封率やクリック分析、そしてどの時間に開封したのか、なんてのも知れちゃうんです。(これに関しては後で詳しくお話ししますね^^)

 

また、曜日ごとにメルマガ配信を分けることもできます。

 

つまり開封率の低い曜日にはメルマガ配信しないなんて設定も簡単に可能。

 

すごくないですか?!

 

 

めっちゃシンプルな画面の中に、こんなに高機能なものが詰まっているんです。

 

まさにマーケティングツールですよね!!

 

 

MyASPを悪く言うつもりはありません。

MyASPに比べてBenchmark Emailはとこんだけ機能があっても、逆に初心者にもとっつきやすいと思っています。

 

それはシンプルな操作画面もそうですが、そもそも開封率やクリック率などは全てBenchmark Emailの方でレポートにしてまとめてくれるんです。

 

特別なことをしなくてもレポートを見て分析するだけで、その後どうやってメルマガを発行していけばいいのかがすぐにわかるようになります。

 

 

 

テキストメールとHTMLメール

Benchmark Emailの特徴の一つにHTMLメールというものがあります。

 

メルマガには一般的には2種類あって、いわゆるテキストベースのテキストメールと、ホームページのような画像や動画をメルマガに組み込むことができるHTMLメールがあるんですね。

 

 

テキストメール

テキストメールとは、文字だけで構成された、一般的なメールのことです。

 

個別に行うメッセージのやり取り、はほぼこの形式でやりとりされることがほとんどだと思います。

 

メルマガの場合には、飾り文字や記号、段落分けなどを工夫して作成することで、読みやすく、見た目の良いメールを作成することも可能です。

 

 

HTMLメール

HTMLメールでは文字のフォントや色、大きさを変えることができるだけでなく、画像や動画を入れたり、自由にレイアウトすることが可能です。

 

HTMLメールを活用することで、より具体的なイメージを伝えたり、視覚的な訴求をすることができます。

 

今までのテキストメールでは、効果測定をしたい場合、別途施策が必要だったんです。

 

例えば、リンク(URL)を貼り付けたりしてクリックを促し、効果測定の施策をしなくてはいけません。

 

一方、HTMLメールはテキストメールに比べてリンクやパラメータなどをきれいに入れ込めるというメリットがあり、開封率もメルマガを送るだけでを計測することができます。

 

メルマガを開いてくれたかという開封率、そしてメルマガを読んでくれた人がクリックなどの行動を起こしてくれたかというクリック率を計測できるので、これでもいろんな分析ができますね。

 

開封率が悪ければタイトルを変えたり、到達率を高める施策をする必要があるし、メルマガを開いてくれても、クリックなどの行動がなければ行動をうまく促せるようなコピーライティングを書く必要があります。

 

できることが増えるとその分細かく分析ができますので、対策もたくさん考えることができますね。

 

ただし、画像などを盛り込みすぎると、逆にスパムメールとして扱われる場合もあるので、注意が必要なんです。

 

 

だからというか、僕の使い方としてはHTMLメールという形式で送りながら、テキストベースでメルマガを作るということをしています。

 

そうすることで、開封率やクリック率も測定でき、かつスパムメール判定へのリスクも下げることもできるんですね。

 

今の主流としてはHTMLメールが多くなってきていることからも、いち早く取り入れるメリットもあると思っています。

 

そんなこんなで、僕も無料お試しで使いながら、これはいけると感じたため、本格的にメルマガスタンドの以降へと至ったわけです。

 

 

 

コスパも最高!

Benchmark Emailを使うにあたって、気になるのは費用ですよね?

 

でもご安心ください奥さん!!初期費用は不要なんです。

 

リストのボリュームによって価格が変わるんですが、まずはしかも、まずは無料トライアルから始めることができます。

 

使ってみて「これがいいな」ってなればすぐに有料会員にアップグレードすればいい。

 

もちろん有料版は全ての機能を使うことができるんですが、リスト数600リストまでならなんと月額料金も1,800円という価格。

 

なんてリーズナブル!!

 

 

この価格で、様々なマーケティング機能がついているので、Benchmark Emailを見つけた時はコスパ良すぎて興奮しっぱなしでした。

 

アメリカ発祥なんですが、日本にも会社があり、日本企業も多数利用していると言う実績付きなので安心です。

 

有料プランによってはチャットでのお問い合わせもできるし、普通にメールでのお問い合わせでもすぐに返信があって、この辺の使い勝手もすごくユーザーフレンドリーだなと感じました。

 

リストの管理面でもセキュリティもしっかりしているようですし、これからメルマガをはじめたい人にはもってこいだと思います。

 

メルマガを始めたくても、みんながお勧めするMyASPも一番格安なプランでも3000円以上しますね。

 

3000円あれば、Bechmark Emailでメルマガをやりつつ、ブログ構築のためにレンタルサーバーも借りることができます。

 

コスパやできること、トータルに考えてもメルマガを始める第一歩として、候補に入れておいてもいいと思いますよ^^

 

 

 

Benchmark Emailの登録方法

それでは、この記事の最後に、Benchmark Emailの導入・登録方法を紹介しておきます。

 

まずは無料でも使えるし登録も簡単なので、登録してみてその雰囲気を感じて見てくださいね^^

 

 

Benchmark Emailの登録

まずはBenchmark Emailの無料トライアルに登録します。

こちらから Benchmark Emailに飛びます。


Benchmark Emailのトップページ右上の「無料トライアル」をクリックします。

 

以下の必要事項を入力してアカウントを作成しましょう。

 

アカウント自体はこれで作成されるのですが、トップメージにある各項目について登録をすると、Benchmark Emailを使用する準備が整います。

 

入力したメールアドレス宛に、「Benchmark Emailアカウント情報&アドレス認証」というタイトルのメールが届きますので、メール内の「メールアドレスを認証する」をクリックして認証を完了させてください。

 

 

 

まとめ

ということで、Benchmark Emailのご紹介と、アカウントの登録までを記事にしてみました。

 

マーケティングツールとしてもかなり優秀なメルマガスタンド。

 

というか、マーケティングツールが主ですね^^;

 

機能は多機能ですがより操作はかなりシンプル。

 

なので、初心者の方にも扱いやすくてオススメです。

 

無料トライアルから始められるので、まずは登録してみて使い勝手をみてみてくださいね^^

 


Start a Free Plan

 


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが好きなことをコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



このContents Creation Lab.のメール講座では

あなたの『好き』を『仕事』にする方法を

ステップバイステップで学ぶことができます。


メールアドレスを入力すれば、無料ですぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)