どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

今回ご紹介するのは、AISASの法則です。

 

『AISASの法則』とは、別記事でもご紹介している『AIDMAの法則』や『PASONAの法則』と同様の、消費者の購買行動プロセスの1つになります。

 

特にインターネットが大きく普及した現代の消費者心理のプロセスを表しているので、いわばAIDMAの法則の現代版といったところでしょうか?

 

このマーケティングを理解しメルマガとブログの融合をさせることで商品が面白いように売れていくのです。

 

AISASの法則とは?

AISASの法則は以下の5つの頭文字をとってAISAS(アイザス)の法則と呼ばれます。

 

潜在層 A  Attention(注目・認知)
I  Interest   (興味・関心)
S  Search    (検索)
顕在層 A  Action     (購買)
S  Share      (共有)

 

一つ一つ見て行きましょう!

 

解説動画

検索の段階で購入を決めている

Attention(注目・認知)

そもそも商品を買うか買わないかは、お客さんに商品を知ってもらうところから始まります。

認知段階では、まずは商品の存在を見込み客に知ってもらわなければいけません。

 

Interest(興味)

Attention(注目・認知)であなたの商品やサービスを認知した見込客が、あなたの商品に興味を持つステップです。

 

この興味を引くのに重要なことがあります。

・記事の見出しやタイトル

・ウェブサイトの最初に表示する画面

・広告文

・CMの最初の数秒

などでNOT OPENを超える必要があるということです。

 

Search    (検索)

この段階では、Interest(興味・関心)で、あなたの商品やサービスに興味を持ったお客さんが、インターネット上で情報を集め、購入するかどうかを検討する段階にあたります。

 

ここで覚えておいて欲しいことは、実はほぼ全ての人が、ネットで検索をする時点でその商品を買うつもりになっているということです。

 

買うつもりですが、もう一押しが欲しいんですね。

 

ですから、私たちであればメルマガを書くことによってInterest(興味・関心)の部分を刺激して、あなたから買う理由を植えつける必要があるということです。

 

Action     (購買)

この段階では、Search(検索)によって情報を得た結果、あなたから商品を買いたいと思った見込客が、実際に購入をしていく段階になります。

 

見込み客が、Attention(注目・認知)し、どれだけ強いInterest(興味・関心)を持っていたとしても、どんなにSearch(検索)されようと、最終的にAction(行動)=購入していただかないと1円も売り上げが上がることはありません。

 

スムーズにクロージングにつなげていくためにも、

・購入ボタンの工夫(わかりやすく目立つように)

・購入完了までのステップを1つでも多く減らす(購入に至るまでの流れをシンプルにする)などの工夫が必要になります。

 

Share      (共有)

あなたの商品(サービス)を購入した後にお客さんが起こす行動がShare(共有)です。

 

この段階で意識しないといけないことは、お客さんが思わずShare(共有)したくなるような、仕掛けを作るということです。

 

現代では、SNSの発達によりShare(共有)をすることで新規顧客の獲得のために、強烈な威力を発揮する広告になり得るためです。

 

AISCEASの法則

AISASの法則に似たものに、AISCEAS(アイシーズ)の法則というものがあります。

AISCEASの法則ではSerchのあとにComparison(比較)、Examination(検討)が含まれています。

 

よりインターネットが普及してきたことで、ネットを通じてより簡単にできるようになったため多くの人が購買時に比較・検討するようになったのです。

 

そこでより私たちがしなくてはいけない対策として、見込客が他のサイトを閲覧したとしても、それでもなお自分の所に帰ってきて自分から商品を購入してもらう工夫をしなくてはいけないということです。

 

結局のところ、『商品を購入するかどうか』が一番重要であり、もっと言うと『自分から購入するかどうか』という部分の導線を引くことが本質ではないでしょうか?

 

時代の流れとともに新しいマーケティング手法は出てくるとは思いますが、何が重要で、何のためにこのマーケティングを学ぶ必要があるのか?を忘れないようにしましょう!

 

Shiomi(しおみん)