どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

消費者が商品の認知から購買に至るまでの心理的プロセスをモデル化したものに、「AIDMAの法則(アイドマの法則)」があります。

 

これはマーケティング手法の一つなのですが、この法則を意識してメルマガに組み込むと成約率が高まってきます。

 

AIDMAの法則とは?

AIDMAの法則は以下の5つの頭文字をとってAIDMA(アイドマ)の法則と呼ばれます。

認知段階 A  Attention (注意)
感情段階 I  Interest (興味)
D  Desire     (欲求)
M  Memory    (記憶)
行動段階 A  Action     (行動)

 

簡単にいうと、

(A)まず知って ⇒(I) 興味を持ち ⇒ (D)欲しいと感じて ⇒(M) 商品を記憶する ⇒(A) 購入に至る

という過程が当てはまると思います。

 

また、それぞれAIDMAの法則では、「認知段階」、「感情段階」、「行動段階」の3つのステップに分かれています。

 

一つ一つ見て行きましょう!

 

解説動画

 

認知段階

Attention(注意)

そもそも商品を買うか買わないかは、お客さんに商品を知ってもらうところから始まります。

認知段階では、まずは商品の存在を見込み客に知ってもらわなければいけません。

 

感情段階

Interest(興味)

Desire(欲求)

Memory(記憶)

商品を知った後は、感情が動きます。

 

その商品に興味を持てば感心(Interest)の段階へ進み、その商品が「欲しい、使ってみたいな」と思えば欲求(Desire)の段階へ進み、そのときの欲求が強ければ強いほど、記憶(Memory)されていきます。

 

つまり、この段階では商品を知った見込み客に対して、どのようにして 「欲しい」という欲求につながる感情を刺激することができるか?ということが重要になります。

 

行動段階

Action(行動)

「どうしても商品が欲しい」という強い欲求が生まれることで、最終的に購買という行動に移ります。

 

AIDMAの法則を意識して文章を作っていこう!

AIDMAの法則とは消費者が商品の認知から購買に至るまでの心理的プロセスを、5つの要素で表した概念になります。

 

AIDMAの法則を使って認知段階・感情段階・行動段階という消費行動の流れをつくり、最終的に購入まで至るように道筋を作って行くことが大事ですね。

 

 

Shiomi(しおみん)