どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

今回は『稼げない社長は知らない4つのNOT』というタイトルで、

書いていこうと思います。

 

ビジネスの壁

これはどんなビジネスにおいても共通する壁であり、

ビジネスが上手くいくような原理原則のようなものでもあります。

 

これを知っておくだけで、

リアルであろうが、ネットであろうがどのビジネスにも応用できます。

 

そして、4つのNOTを理解すれば

わざわざテクニックを学ぶ必要がなくなります。

 

ただやみくもにやっても成功しません。

 

これらの壁を一つ一つ超えていくことが成功への第一歩です。

 

解説動画

 

見込み客には4段階ある

NOT OPEN

・自分のサイトを全く知らない

・興味がない

・クリックされない

・認知の状態

 

そもそも認知すらされていない状況です。

 

ここの壁を越えることが最も大事です。

 

これについては後で詳しく書いていきます。

 

NOT READ

・記事を開くが読んでもらえない。

・おもしろそう

・流し読み

・閉じてしまう

 

なんとか開いてはもらったものの、

文章が見にくい、難しいことばかり書いているなどの理由で

なかなか読んでもらえない壁のことです。

 

これはタイトルを工夫したり、

読みやすい改行などを工夫したり、

そもそものサイトのデザインを見直したりと、

読者に読んでもらう工夫をしていかなければなりません。

 

NOT BELIEVE

・内容を信じない

・理解できない

・閉じてしまう

読者との信頼関係がない場合、

記事の内容を信じてもらえなかったりします。

 

まずは信頼関係が築けるように、

実績などの表示やブランディングが必要ですね。

 

NOT ACT

・行動できない

・決定できない

・めんどくさい

・閉じてしまう

 

これはNOT BELIEVE同様、

お金を払う前に信用をしてもらうこと。

 

行動をしてもらえるようになることが大事ですね。

うまくストーリー調に書いてみたりして

読者が行動できる(クリックしてくれる)など、

記事を工夫する必要があります。

最終的に、私たちの目的はここですね。

 

NOT BELEAVEまで超えて行動しても、

最終的に買ってもらえなければ僕たちは儲からないわけです。

 

もちろん読者を買ってもらえる気持ちになってもらえること、

買いたいと思う商品があること、

お金以上の価値があるか?を考えて、

NOT OPEN から NOT ACT につながるまでの

過程を超えていかなくてはなりません。

 

兎にも角にも、NOT OPENを超えなければ何も始まらない。

実は NOT OPENを克服するためには、

テクニックがどうのこうのではなくて

ターゲットとなる読者への理解を深めることが

 

一番大事なことなんです。

 

ん?

ちょっとわかりにくいですね。

 

例えばCMでいうと企業名だけを出すとか

三太郎(auのCM)みたいに、

要はターゲットとか読者が興味を引いて、

「なんだこれ!?」って思うような

言葉やコンテンツを使っていけばいいってことです。

例えば、

「明日までにやりたい宿題の話。」という記事のタイトルがあったとします。

 

これでは誰も興味を持たずにスルーの対象です。

 

でも、

「明日までに宿題終わったらいいことあるかも?(きわどい画像ありwww)」

みたいに、ちょっと興味があったり、

『きわどい』とか、『裏技』とか

人間の心理をちょっとついたような言葉を使うだけで

NOT OPENの壁が超えやすくなります。

もちろん、ターゲットとなる読者層や

ターゲットの興味とか関心によっても使う言葉が変わります。

テレビCMなどもどのターゲットに対して、

どの壁を越えるように作っているのかを勉強するだけでも、

テレビの見方が変わってきますね。

 

まずは、NOT OPENの壁を越えよう!

恋愛も同じ。

合コン

自己紹介

会話

共感・理解

ライン交換などというふうに、初めの壁を超えなければ、

そのあとのデートやお持ち帰りも難しいわけですね。

 

初めにお話しした、人間の心理を意識すると

上手くいきやすいということで、

 

いきなりNOT ACT の壁を越えようとしない

ことが大事ですね。

 

・美味しいけどお客がいなくて、売り上げがない飲食店。

よくありますね。

 

これもNOT OPENを超えられていない。

まずはNOT  OPENに力を注いでみてください。

 

そして一つ一つの壁を意識して記事を書いていけば、

4つのNOTの壁を超えられると思います。

 

Shiomi(しおみん)