どうも、Shiomi(しおみん)です。

 

 

今回は、僕が大好きな長倉顕太さんの著書、

 

『超一流の二流を目指せ』をご紹介したいと思います。

 

 

コンテンツ提供元:サンマーク出版

長倉顕太/Kenta Nagakura

プロデューサー、コンテンツマーケター。編集者としてベストセラーを連発。10年間で手がけた書籍の販売部数は1000万部以上に及ぶ。現在は独立し、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースならびに、これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティング。無名の新人をプロデュースして、ベストセラー著者へと導く手腕が高く評価されている。

 

 

 

 

 

長倉顕太さんって何者?

長倉さんってあなたが知っているか知らないかわかりませんが、

ネットビジネスで超有名な小玉歩さんの著書のプロデュースをしたり、

ネットビジネス大百科で有名な和佐大輔さんともコラボしたりと、

めちゃくちゃすごい人です。

 

たまにYouTubeとかでセミナーを見たりするんですけど、

セミナー中も酒飲んでるし、髪ぼっさぼさだし、

長倉さんを初めて知った頃は、「何だこのオヤジは?」って思っていました 笑

 

だけど長倉さんの発信を見ていると、

こう、胸にぐさっと刺さるんですよね。

 

 

長倉さんの言葉にはほんと力があるんです。

 

でも長倉さん自身は、この本の出版について

自分でこんなことを言っていました。

 

今は実績があるかもしれないけど、超普通の人間で、才能もない人間。

能力も家柄も良くない。そんな人間でもどうにかなるというのを伝えたかった。

出版社にいたからこそ、出版する人たちってすごい人たちが多いってわかる。

俺なんていろんな自己啓発の本なんかを作ってきて、

小さい時に不幸だったとか羨ましいと思えるくらい普通の家庭だった。

 

こんな普通と言える人でも、どのようにしたら

こういう力のある発信ができるのか?

 

この『超一流の二流を目指せ』という本は

そのヒントをくれる本だと思います。

 

99%は凡人である

1%の大成功者と99%の凡人たち。

99%に値する人にこそ読んでもらいたい。

これが本書の底流にあるメッセージである。

あなたや私がいる場所は「99%エリア」なんだということを、

まずは自覚するところから始めていただきたい。

私たちが今いる世界は、凄まじく情報に溢れた社会です。

かつてはそのほとんどがアナログだった数年前。

 

僕が高校生の時はまだ、

ポケベルや携帯が普及する前の状態でした。

 

その当時でも、それなりに普通に暮らせていたとは思うんですが、

今の時代になって、情報が溢れすぎていると、

今度は逆に、情報に踊らされてしまいます。

 

著書の中でもありますが、

この情報に僕たちは流されて生きています。

 

情報そのものを疑いもなく受け取り、

そのままに反応して右往左往し、

それをまた他の誰かに拡散していく・・・。

 

何の疑いもなく。

 

こうやって右往左往しているうちによくわからなくなって、

疲弊しきった時に、僕たちのもとに寄ってくるのも、また新しい情報。

 

 

しかし、そんな時に近づいてくるものだから

その情報が心地よくて、また鵜呑みにしてしまう。

 

で、それが何と無く自分にあっていると

それが正しいと感じる。

 

ん〜。

 

なんか書いているだけで、

情報にどんだけ踊らされてんだよって感じさせられますね。

 

 

ただそんな時こそ、

この本を読んで自分自身のあり方を見つめ直そうってそう思いました。

 

自分の居場所がわからない時に

読むべき本だなと感じましたね。

 

この本を読んで自分のあるべき姿を、

客観的に見てほしいとそう思います。

 

ほんと99%の人は凡人なんですよね。

 

確かに、子供の頃に貧乏だったとか、

親が離婚したとかそう言った話はよく聞くこともありますけど、

日本って場所に住んでいると、それも普通の範疇に感じます。

 

でも、この本はそんな99%の凡人のために作られた本です。

 

 

僕はたまに言うんですが、

人間って実は変わりたくても変われない生き物なんです。

 

否定しようと思っても、本質は逃げられなくて、

結局ほとんどの人はすごい人なんかにはなれない。

 

だからこそ、ストーリーのように変化のあるものに興味を惹かれ、

他人の物語であるにもかかわらず、

なぜかその人の価値観に共有してしまうんですね。

 

この本を読むまで感じなかったんですが、

言われてみれば、いわゆるストーリーって、

他人の話なんですよね。

 

 

自分のことみたいに感じてしまうのは、

やはり、そこに快感や安心を得てるんでしょうか?

 

 

「唯一無二」のキャラクターを立たせろ!

一番大事なことは、自分自身って言うものを

しっかりと確立させることにあると思います。

 

長倉さんも著書の中で言っていますが、

キャラクター作りでは、自分を『何者であるのかを認知させること』

重要だと言うことですね。

 

そのためにも、他人と同じ価値観であることや、

世論とか、流行なんてもので、

簡単に自分を見失わないようにしないといけませんね。

 

 

ネットビジネスにおいても、今は「いくら稼いだ」とかっていう実績もですが、

ブランディングっていうものが非常に重要な要素を占めています。

 

昔は、家電のCMなんか見てても、芸能人が出ているCMは少なくて、

どちらかというと一般の知らないエキストラ俳優が多く出演していましたよね?

 

それが今では、有名な女優さんや、超大物芸人さんがほとんどを占め、

新しい女優さんが出てくると一気にSNSでもトレンドワードに上がるほど。

 

要は、あの女優さんが使っているから私も使ってみたいという風に、

言われるようになるんですね。

 

これこそがブランディングの正体であり、

「結局あの人、なんとなく好きだな〜」って言うフィーリング合わせを

無意識にやっているんですね。

 

だからこそ、99%の凡人である僕たちが何か差別化を図ろうと思ったら、

どこかしら、何かの部分で何と無く好きだなっていうところを

作っていくことがブランディングに繋がるんだと思っています。

 

ブロガーであったら、発信する言葉の口調、

ブログデザインなんかもそれにあたりますね。

 

 

まとめ

確かに人と同じことは安心するんですが、

それでは結局同じような人にしかなれないんですよね。

 

自分は自分の良さがあるし、あなたはあなたの良さがある。

 

この本を読んで、自分がすごい人になろう!とか

そう言うことは思ってもいないんですが、

ただ、人と同じ価値観でいることに恐怖を感じるし、

逆に、『もっともっと自分独自の戦略や方法を出していってもいいんだな』

ていうことに改めて気付かされましたね。

 

最後まで読んでいくと、ほんといてもたってもいられなく感じがします、

 

「このままでいいわけがない」

「人と同じに生きても、人と同じように生きていけるわけでもない」

もっともっと自分自身を磨いていこう!と

改めて気付かされた一冊でした!

 

自己啓発なんかもいいけど、こう言ったグサグサくる本も読んでいくと

なんか人間変われそうな気がしてきますね。

 

Shiomi(しおみん)


継続的に稼ぐ続けるために

僕は完全ゼロの状態から、

約半年で月収50万を達成しました。



才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。



アドセンスアフィリエイトも34円で挫折したし、

無料オファーなども結局ASP次第で支払われたり支払われなかったり、

結局安定して稼ぐことはできませんでした。



もしかしたらあのままアドセンスアフィリエイトを続けていたら、

すこしは稼げたかもしれません。



だけど、今後Googleの規約が厳しくなれば

アドセンスも使えなくなるという恐怖もあります。



ネットビジネスで今稼げると言われている手法は、

結局何かに依存したものが多くありませんか?



だからこそ、手法にとらわれないで

稼ぐ方法を学び実践してきました。



それこそがコンテンツビジネスであり、

コンテンツの本質に向き合ってきました。



僕が今も稼ぎ続けているたった一つの理由ですし、

これからも安定して稼ぐことができるものだと思っています。



少しだけ抽象度を上げると、ブログも、メルマガも、

YouTubeも、TwitterもFacebookも全てコンテンツでできています。



手法はあくまでも枝葉の部分。



つまり、コンテンツを学ばないと

継続的に稼ぐことは難しいと言えます。



だからこそ、コンテンツを作って価値を届ける方法を学べば、

全ての物事に応用できます。



もう、「アドセンスが〜」とか、「YouTubeの規制が〜」とか

言わなくてもよくなります。



あなたが学んだことををコンテンツにする、

そしてそれを届けるというたった2つのステップで、

稼ぎ続けられるんです。



だからと言って、難しいことは何もありません。



結局はコンテンツが何かを知らないだけだし、

作り方を知らないだけなんです。



だからこそ、ちょっと勉強して知るだけで、

どんどん上のステージに行って、

資産が増えていって、ファンも増えていって、

自分の収入もガンガン上がっていきます。



知識や才能なんてない僕でも、

少しずつ成功に向かって走り出すことができるんです!



もちろんあなたでも同じように

成功をはじめることができます。



僕がどのようにビジネスに取り組み、

ゼロから今の資産を築いていったのかは

このレポートで知ることができます。



→ Route 335 を読んでみる。


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れますので、

お気軽にご登録ください。



それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。


(下記のシェアボタンからお願いします)